カシオ計算機は、ラベルライターのNAME LANDシリーズからスマホのアプリでラベル作りができる「NAME LAND i-ma KL-SP100」を発売する。本製品は、24mm幅テープの印刷にも対応したラベルライターで、大きく印刷することができるため縦書き横書き混在のラベルやギフトラッピングの幅が広がるほか、QRコード印刷でのURLシェアなど多彩なラベル作成ができるモデルとなっている。

カシオ計算機
NAME LAND i-ma KL-SP100

●予想実売価格:1万3200円程度

カシオ計算機は、ラベルライターのNAME LANDシリーズからスマホのアプリでラベルが作ることができる「NAME LAND i-ma KL-SP100」を発売する。

画像1: カシオ計算機 NAME LAND i-ma KL-SP100

本製品は、リビングなど手が届くところに置けるコンパクトボディに専用アプリでテキストを入力し、デザインを選択するだけの簡単操作で、いつでも簡単にラベル印刷ができる。

画像2: カシオ計算機 NAME LAND i-ma KL-SP100

従来モデル(2019年2月 KL-SP10)で対応していた3.5mm・6mm・9mm・12mm・18mm幅のテープに加え、24mm幅テープの印刷にも対応したことにより、これまで以上に大きく印刷できるようになった。縦書き横書き混在のラベルやギフトラッピングの幅が広がるほか、QRコード印刷でのURLシェアなど多彩なラベル作成ができる。

画像: 多彩なラベル印刷に対応している。

多彩なラベル印刷に対応している。

また、自動でラベルがカットされるオートカッター機能のほか、台紙から剥がしやすいハーフカット機能を搭載。スムーズに剥がせるから、複数枚印刷などで効率的にラベルを貼ることができる。

さらに、PCとUSBで接続が可能にしており、エクセル上のデータを活用したラベルの作成や表組、連番印刷など詳細な編集が可能。

ラッピングなどに人気なクラフトテープ(別売)にも18mm・24mm幅を新たに追加するから、ラベルの使い方の幅を広げることができる。

画像: 写真左が18mm幅のクラフトテープ。写真右が24mm幅のクラフトテープに18mm幅のテープを重ねて作ったラベル

写真左が18mm幅のクラフトテープ。写真右が24mm幅のクラフトテープに18mm幅のテープを重ねて作ったラベル

スマートフォンアプリ「LABEL DESIGN MAKER i-ma(ラベルデザインメーカー イーマ)」のコンテンツも充実しており、作例サンプルをアレンジして、好みのラベルが作成できる「サンプルから作る」や、ラベルの作り方や便利な使い方を紹介する「HOW TOを見る」など、ラベル作成に役立つコンテンツが追加されている。

画像: 幅広い用途に応じた充実したダウンロードコンテンツを用意している。

幅広い用途に応じた充実したダウンロードコンテンツを用意している。

画像: お店などでのラベル使用イメージ。

お店などでのラベル使用イメージ。

本体サイズは、幅71mm、奥行き173mm、高さ152.5mm、重さは、約710g。電源は、ACアダプターもしくは、単3型電池8本で駆動する。対応テープは、3.5mm・6mm・9mm・12mm・18mm・24mmの6種類。最大印字行数は、24mm幅のテープ使用時で9行となっている。パソコンとのリンクは付属のUSBケーブルを使用して接続、スマートフォンとは、Bluetooth で接続する。

◆カシオ計算機:「NAME LAND i-ma KL-SP100」 の公式サイト

※価格は記事作成当時のものです。



This article is a sponsored article by
''.