ブックシェルフ型とは、その名のとおり「本棚」に置けるようなコンパクトで設置場所を選ばないスピーカー。デスク上に置く「デスクトップスタイル」も人気が高い。トールボーイ型はフロアスタンディング型とも呼ばれ、容積が大きいので低域音の再生にも余裕があり、テレビやスクリーンのわきに設置して、ホームシアターのフロントスピーカーとしても重宝する。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

ブックシェルフ型とトールボーイ型の違いって何?

ブックシェルフ型とは、その名のとおり「本棚」に置ける比較的コンパクトなスピーカーを指す。特徴は、設置場所を選ばないところだが、スタンドは欠かせない。

デスク上に置く「デスクトップスタイル」は、パーソナルオーディオとして人気が高い。

画像1: 【スピーカー】ブックシェルフ型とトールボーイ型の違いは?それぞれのメリットは?

ブックシェルフ型
写真は、ダリ・OPTICON 2 Mk2。

トールボーイ型はフロアスタンディング型とも呼ばれ、床置きにするとツイーターがちょうどいい高さになるように設計されている。容積が大きいので低域音の再生にも余裕があり、別途スピーカースタンドも不要。比較的大柄ながら、実は扱いやすいという特徴がある。

テレビやスクリーンのわきに設置して、ホームシアターのフロントスピーカーとしても重宝する。

画像2: 【スピーカー】ブックシェルフ型とトールボーイ型の違いは?それぞれのメリットは?

トールボーイ型
写真は、ダリ・OPTICON 6 Mk2

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【スピーカーのトレンド】最近は全部入りの「アクティブスピーカー」が人気!今注目のスピーカー4選→



This article is a sponsored article by
''.