密閉型の場合、低域再生能力はスピーカーボックスの容積で決まってしまい、コンパクトになればなるほど低域が出しづらい。そこで考案されたのが、空気穴といえるポートを備え、低域を増強するバスレフ型。同じサイズなら豊かな低音を再生できるので、今ではバスレフ型が主流となっている。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

バスレフ型と密閉型の違いとは?なぜバスレフ型が多いの?

本来、スピーカーボックスが存在するのは、ドライバーの背面から出る不要な音、つまり、正面から出る音とは反対の音を閉じ込めるのが目的なので、密閉型が理にかなっている。

しかし、密閉型の場合、低域再生能力はスピーカーボックスの容積で決まってしまい、コンパクトになればなるほど低域が出しづらい。

そこで考案されたのが、空気穴といえるポートを備え、低域を増強するバスレフ型。同じサイズなら豊かな低音を再生できるので、今ではバスレフ型が主流となっている。

ポートの位置は、製品によって前面、背面、底面とさまざまだが、基本原理は同じだ。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【スピーカーのトレンド】最近は全部入りの「アクティブスピーカー」が人気!今注目のスピーカー4選→



This article is a sponsored article by
''.