プリアンプは、プレーヤーから受け取った音楽の電気信号を電圧増幅する。機能としては入力ソースの切り替えやボリュームコントロールを担う。パワーアンプは、プリアンプから受け取った電気信号をスピーカーを駆動できる大電力に増幅するのが主な仕事。「プリメイン」は、プリアンプとパワーアンプを一つの筐体に収めたアンプで、これが主流となっている。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

「プリメイン」とか、「プリ」とか、「パワー」とかってどういう意味?

「プリ」はプリアンプのことで、プレーヤーから受け取った比較的小さな音楽の電気信号を一定水準まで電圧増幅する。機能としては、入力ソースの切り替えやボリュームコントロールを担う。フォノ入力がある場合は、フォノイコライザーで増幅して、ほかの入力と同等に整える。

また、「パワー」はパワーアンプのことで、プリアンプから受け取った電気信号を、スピーカーを駆動できる大電力に増幅するのが主な仕事。通常、機能としては何もなく、増幅に徹する。

「プリメイン」は、プリアンプとパワー(メイン)アンプを一つの筐体に収めたアンプで、省スペースで使い勝手がよく、主流となっている。

画像: 「プリメイン」とか、「プリ」とか、「パワー」とかってどういう意味?

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【アンプのトレンド】アナログを介さずに増幅する「フルデジタルアンプ」が話題!→



This article is a sponsored article by
''.