アンプの上にCDプレーヤーを直置きするのはNG。アンプの放熱が妨げられてアンプを壊したり、熱がCDプレーヤーに悪影響を与えるおそれがある。しっかり分けて設置するのが好ましい。また、アンプがプレーヤーと相互に揺らし合うのは音質面で不利。干渉しない位置関係に置くことも重要だ。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

アンプとCDプレーヤーはどんな位置関係に置くのが正しいの?

ありがちなのが、重いアンプの上にCDプレーヤーを直置きすることだが、これはNG。

アンプは発熱し、天面から放熱する構造になっていることが多いので、その放熱が妨げられてアンプを壊したり、熱がCDプレーヤーに悪影響を与えるおそれがある。オーディオラックを用いるなどして、それぞれをしっかり分けて設置するのが好ましい。

また、アンプは振動源になりうるので、プレーヤーと相互に揺らし合うのは音質面で不利。振動対策が十分にされたラックを使うか、別々のラックに置くなど、干渉しない位置関係に置くことも重要だ。

画像: ラックなどを利用して、放熱や振動対策をきちんと施して設置しよう。

ラックなどを利用して、放熱や振動対策をきちんと施して設置しよう。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【アンプのトレンド】アナログを介さずに増幅する「フルデジタルアンプ」が話題!→



This article is a sponsored article by
''.