【アンプのつまみ】前面にある「BASS」「TREBLE」「BALLANCE」ってどう使うもの?

家電・AV

アンプのつまみ、「BASS」は低域音の音量調整、「TREBLE」は高域音の音量調整、「BALLANCE」はステレオ左右の音量調整ができる。ただし、これらの機能は、音楽信号が余計な回路を経由するので音質的には好ましくない。できれば、音調は設置などの工夫で整えよう。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

音質的には好ましくないが、好みに補正できる

「BASS」は低域音の音量調整、「TREBLE」は高域音の音量調整、「BALLANCE」はステレオ左右の音量調整ができる。好みに加え、部屋や組み合わせる機器によって音調は異なるので、そうした際の補正に利用できる。

ただし、これらの機能は、音楽信号が余計な回路を経由するので音質的には好ましくない。

「PURE」のように、こうした回路を飛び越すスイッチを設けている製品も多い。できれば、音調は設置などの工夫で整えよう。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【アンプのトレンド】アナログを介さずに増幅する「フルデジタルアンプ」が話題!→]

家電・AV
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース