アンプのつまみ、「BASS」は低域音の音量調整、「TREBLE」は高域音の音量調整、「BALLANCE」はステレオ左右の音量調整ができる。ただし、これらの機能は、音楽信号が余計な回路を経由するので音質的には好ましくない。できれば、音調は設置などの工夫で整えよう。

本稿は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)の中から一部を編集・再構成して掲載しています。

音質的には好ましくないが、好みに補正できる

「BASS」は低域音の音量調整、「TREBLE」は高域音の音量調整、「BALLANCE」はステレオ左右の音量調整ができる。好みに加え、部屋や組み合わせる機器によって音調は異なるので、そうした際の補正に利用できる。

ただし、これらの機能は、音楽信号が余計な回路を経由するので音質的には好ましくない。

「PURE」のように、こうした回路を飛び越すスイッチを設けている製品も多い。できれば、音調は設置などの工夫で整えよう。

■解説/鴻池賢三(AV評論家)

※情報は記事作成時のものです。
※この記事は『極上 大人のオーディオ大百科 2023』(マキノ出版)に掲載されています。

[別記事:【アンプのトレンド】アナログを介さずに増幅する「フルデジタルアンプ」が話題!→



This article is a sponsored article by
''.