優秀なデザインに送られるグッドデザイン賞が、今年も決定しました。厳正な審査を経て選ばれた「Gマーク」製品は、どれも魅力的で優秀なものばかり。2022年のグッドデザイン賞に輝いた雑貨の中から、気になるアイテムをピックアップして紹介します。

デザインのプロが選定する
「グッドデザイン賞」とは

グッドデザイン賞とは、デザインの優劣を競うものではなく、デザインによって、私たちの暮らしや社会をよりよくしていくための活動を意味します。1957年の創立以来、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みとなっています。
グッドデザイン賞を受賞したことを示すシンボルマーク「Gマーク」は、日本国内で広く認知されています。皆さんも目にしたことがあるのではないでしょうか。今年度のテーマ「交意と交響」の下、社会の課題や人々の切実な想いに寄り添う意思を持ち、人々に「あってよかった」との共感を呼び起こすデザインを数多く見出すことができたと感じています。

画像1: www.g-mark.org
www.g-mark.org

2022年は、国内外のデザイナーや建築家、専門家など、各分野の一線で活躍している約90名の審査委員による厳正な一次・二次審査を経て、1,560件の「グッドデザイン賞」受賞が決定しました。デザインだけでなく、快適な機能や目新しい工夫、環境への配慮なども審査の対象となり、見た目も中身も魅力的な製品がいっぱいです。その中から、注目の雑貨を紹介しましょう。

ゴミ箱ポーチ

キングジム/ホルポ

画像2: www.g-mark.org
www.g-mark.org

使い終わったティッシュや噛んだ後のガム、不要なレシートなど、外出中のゴミの捨て場所に困ったことはありませんか? 一見普通のポーチのような「ホルポ」は、外出先で出たゴミをサッと捨てられる携帯用ごみ入れです。

画像3: www.g-mark.org
www.g-mark.org

ポーチの開口部は片手でパクパクと開閉できる「バネ口」で、蓋の閉め忘れがなくしっかり閉じられる安心構造。ポーチの内側に専用ゴミ袋をセットして使うため、ウェットティッシュなど湿り気のあるごみを入れても、ポーチ自体が汚れる心配がありません。

画像4: www.g-mark.org
www.g-mark.org

審査では、「セットされているゴミ袋が目立たないように設計されており、ユーザーに不快感を与えないよう考えられている。ビニール袋の取り替えも簡単でストレスなく使用できそう」と、衛生面と使い勝手を両立したデザインが評価されました。見た目もおしゃれでカラバリが豊富。側面のポケットには、ウェットシートやティッシュが収納できます。

紳士肌着

ワコール/レースボクサー

画像5: www.g-mark.org
www.g-mark.org

最近は男性の美意識が変化しており、メンズコスメやメンズエステ、メンズネイルなどが人気になっています。ワコールの「レースボクサー」もその流れを汲むアイテムで、発売当初から大反響を呼んだヒット商品。審査でも「前世紀よりも柔軟に捉えなくてはならない多様性をレースボクサーパンツは語っている。男女の性別というより、内に秘めた価値観を解放する装置のような存在になり得るモノだ」と、注目を集めました。

画像6: www.g-mark.org
www.g-mark.org

女性下着で培ったレースのノウハウを生かして作られたレースボクサーは、花柄と幾何柄を組み合わせた男性にもチャレンジしやすいデザインに。フィット感や動きやすさ、肌ざわりにもこだわり、実用性も兼ね備えています。

画像7: www.g-mark.org
www.g-mark.org

アウターに響きにくく、ズボンにラインが出ないのもレースボクサーのポイント。同社のボクサーパンツと同基準の強度をクリアしたオリジナルレースを開発・使用しており、タフで美しい仕上がりで、粋なプレゼントにもGOODです。

カードゲーム

デジタル・アド・サービス/障がいを楽しく知るコミュニケーションゲームこまった課?

画像8: www.g-mark.org
www.g-mark.org

カードゲーム「こまった課?」は、目に見えない障がいを“ちょっと知ってる”状態にすることを目指して企画・開発・制作されました。ゲームには、様々な目に見えない障がいの特性をモデルにしたキャラクターが、住人として登場。プレイヤーは、市役所の「こまった課?」に相談にくる住人の特性を見つけ、その住人が街で楽しく暮らせるためのアイデアを考えていくという内容です。

画像9: www.g-mark.org
www.g-mark.org

「多様な障がいのケースを、登場する個性豊かなキャラクターに見立てることで、読む人に障がいの固定概念を持たせない表現の工夫が素晴らしい」とは審査員の評。丁寧なモノづくりの姿勢や表現のバランス感の良さが、受賞の決め手となりました。

画像10: www.g-mark.org
www.g-mark.org

ゲームの体験者からは「“知らない”と“ちょっとでも知っている”は大きな差で、その人のためにできる行動が広がる」、「自分のなかにもある、感じ方や考え方のクセに気がつくことができた」などの感想が寄せられたそう。住人キャラクターが描かれたカードを読むだけでも、今まで気づかなかったこと、見えていなかったことへの理解が深まります。

バッグインバッグ

コクヨ/BIZRACK

画像11: www.g-mark.org
www.g-mark.org

バッグの中にある小物類を整頓してスッキリ収納できるバッグインバッグは、大きなリュックやトートバッグの使い勝手をサポートする便利アイテム。リモートワークが進む昨今は需要が高まり、機能性はもとより収容力やファッション性も重視されるようになってきました。

画像12: www.g-mark.org
www.g-mark.org

「BIZRACK」は、文具やノートパソコン、周辺用品などのたくさんの荷物がスマートに収納できる便利な一品。かさばりにくいレイアウトのポケットと、収容物の量に合わせて伸縮するマチ生地により、中身が増えても効率よく収容が可能です。デザイン面では、シンプルな中にステッチやボタンなどのアクセントをさりげなく入れることで、スタイリッシュな印象に。シックなカラーリングは、性別や年齢を問わず幅広い層で使えます。

画像13: www.g-mark.org
www.g-mark.org

審査でも、「必要なものを適所に収納できている点に加え、細部のアイデアや処理がとてもよく考えられ、うまくまとめられたデザインである点で他の製品と一線を画していた。単体で持ち歩けたり、机上での佇まいなど、バッグの外に出しても美しいものになっている」と、その機能美を高く評価。トートバッグに適したヨコ型と、リュックに適したタテ型の2タイプが揃う点も充実しています。

スツール&クーラーボックス

石山・hitoe/座れる防災インテリアSONAIR(ソナエア)

画像14: www.g-mark.org
www.g-mark.org

「SONAIR」は、スツールやミニテーブルとして普段使いできる発泡ポリプロピレン製の防災製品です。災害時には、内部に可動仕切りを設けた保冷保温のクーラーボックスとして活用できるほか、発泡素材の浮力の特性を活かして、水害時に抱えて浮具のように使うこともできます。水を弾く素材のため、中に入れたものが濡れにくいというメリットも。本体はベルトや留め具も含め約873gと軽量ながら、耐荷重は約120kgと頑丈な造りになっています。

画像15: www.g-mark.org
www.g-mark.org

いざという時に役に立つ「SONAIR」、すぐ身近に置いておける防災グッズという点が最大の特徴です。審査でも「発泡ポリプロピレンの素材感は生活の中では浮いてしまうが、本製品はサイズや形状、デザインによって暮らしの中に溶け込むアイテムとして成立させている」と、インテリア化への工夫がポイントとなりました。落ち着きのあるマットな3色展開で、リビングだけでなくキッチンや寝室にも違和感なく置けます。

画像: 石山・hitoe/座れる防災インテリアSONAIR(ソナエア)

まとめ

新しいテーマやデザイン、アイディアが盛り込まれたグッドデザイン雑貨は、日々の暮らしを楽しく便利にサポートしてくれます。値段が手頃なものが多いので、家族やお友達の贈り物にぴったり。自分へのプレゼントにもいいですね。



This article is a sponsored article by
''.