【VAIO】本当に必要な機能だけを搭載したノートPC シンプルだけど長く快適に使える無数の細工が施されている!

ガジェット

VAIO(バイオ)は、個人向けノートパソコンの新モデルとしてスタンダードクラスのFラインに「VAIO F16」と「VAIO F14」を発表。5月17日から受注開始、6月2日から発売開始予定。本シリーズは、コンパクトな筐体に一回り大きな画面を搭載し、CPUには、最新世代の第13世代インテルCore(コア)プロセッサーを採用するなど、快適に使い続けることができる仕様になっている。

VAIO
VAIO F16/F14

●価格:13万6800円~(VJF161シリーズ)

VAIO(バイオ)は、個人向けノートパソコンの新モデルとしてスタンダードクラスのFラインに「VAIO F16」と「VAIO F14」を発表。5月17日から受注開始、6月2日から発売開始予定。本シリーズは、コンパクトな筐体に一回り大きな画面を搭載し、CPUには、最新世代の第13世代インテルCore(コア)プロセッサーを採用するなど、快適に使い続けることができる仕様になっている。

VAIO F14とワイヤレスマウス。

VAIOがソニーから独立して以来、同社のパソコンラインアップはプレミアムな携帯ノートパソコンが中心だったが、今回新たに投入された「VAIO F16」と「VAIO F14」は、スタンダードクラスのA4ノートパソコンとなる。今や必需品となったパソコンの中で、普通に長く快適に使える「Windowsの定番ノートパソコン」をコンセプトに、上位モデルの機能も継承しながら開発を進めたモデル。

写真はF14。本体カラーはF16、F14ともネイビーブルー、サテンゴールド、ウォームホワイト、の3種類。

VAIO F16/F14は、コンパクトな筐体に一回り大きな画面を搭載しているのが特徴で、特に「VAIO F16」では、A4ノートで一般的な15.6型より一回り大きい16型を採用している。写真や「Excel」の表なども大画面により、これまで以上に見やすくなっている。

写真はF16。画面サイズは15.6型と比べて11.4%広いが、筐体のサイズは15.6型と同等。

また、キーボードの塗装やバッテリーの劣化対策まで長く使える工夫が満載となっている。国内の本社工場(長野県安曇野市)で、見えにく傷やヘコミまで1台ずつ目視で確認するなど徹底した品質チェックを行っている。

キーボードのキーひとつひとつを、特別配合したUV硬化塗装でしっかりとコーティング。キートップの文字も消えにくいレーザー刻印を施している。

将来のアップデートにも対応できる最新の第13世代インテルCoreプロセッサーを採用。「バッテリー節約設定」などの便利機能も搭載。

写真は、F16の側面端子部。USB-TypeA×3、USB-Type-C×1、HDMI×1、イーサネット端子、ヘッドホン端子を装備。

さらに、在宅時の生活音や屋外の雑音もカットする「AIノイズキャンセリング機能」や顔を認識し最適な明るさに調整する「カメラ映り最適化機能」に対応。オンラインコミュニケーションが快適に行える。

AIノイズキャンセリング機能を体験!

youtu.be

本体サイズは、VAIO F16が(約)幅358.3mm、奥行き255.6mm、高さ16.6~19.9mm。VAIO F14が(約)幅322.9mm×高さ19.5~19.7mm×奥行221.5mm(いずれも突起部含まず)。重さは、VAIO F16が約1.65kg。VAIO F14が約1.34kg。電源は、リチウムイオンバッテリーまたはACアダプター。バッテリー駆動時間は約16時間 (JEITA測定法 2.0)。充電時間は、約3時間。

◆VAIO:「VAIO F16」「VAIO F14」 の公式サイト。

※製品の価格及び仕様については、記事制作時のもので、その後諸事情により変更されている場合があります。

ガジェットパソコン
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース