難しそうなイメージだけど、実際に使ってみると、とっても便利なのが「クラウドサービス」。どれを選べばいいのか? どうやって使えばいいのか? 目的別の活用法を、数回にわたって、お届けしよう。
Part1の記事はこちら
Part2の記事はこちら

目的 ❺ 写真をバックアップしてスマホで閲覧したい

お気に入りの写真をもれなくバックアップ

気軽に写真撮影を楽しめるスマホだが、データのバックアップ作業はかなりめんどうだ。

スマホのメモリーがいっぱいになった場合に、USBケーブルを使ってパソコンにデータを転送するなんて、デジタル機器の操作が苦手な人にとってはしんどい作業である。

そんな写真のバックアップ作業から解放してくれるのが、写真クラウドの「Googleフォト」。

スマホ向けの専用アプリを導入しておくだけで、撮影した写真をクラウドに自動アップロードしてくれるので、バックアップの手間は一切なし。

しかも、保存サイズを「高品質」での圧縮にしておけば、無料で容量無制限のアップロードが利用可能になる。

圧縮というと画質が大きく損なわれるような印象があるが、実際にはできる限りの高品質を保っているため、見た目が大きく変化することもない。

もしそれでも気になるなら、Googleドライブの容量を消費することになるが、オリジナル形式でのアップロードも可能だ。

しかも、Googleフォトの魅力は、こうした無制限アップロードだけにとどまらない。

撮影日や場所を基にアルバムを自動生成したり、人物やペットなど、被写体別に写真を自動整理したりする機能も備えている。そして、そのアルバムはネット経由で友人に見せることができるし、相手から写真を送ってもらうこともできる。

スマホ写真の愛好家なら、絶対に活用したいクラウドだ。

画像: お気に入りの写真をもれなくバックアップ

無料の無制限アップロードを利用する

❶アプリを導入し、Googleアカウントでサインイン後、「バックアップと同期」の項目をオン

❷アップロードサイズ(圧縮方法)は「高画質」を選択。これで無料、容量無制限で写真をアップロードできる

❸アップロードの進捗は「アシスタント」画面で確認できる。写真の点数が多いときは時間がかかる

❹サイドメニューの「空き容量を増やす」を使えば、アップロード済みの写真を端末から一括削除できる

Googleフォトの「アルバム」を知り合いと共有する

❶写真を長押しすると選択モードが起動。共有したいアルバムに追加する写真をタップして選ぶ

❷写真の選択が完了したら上の画面にある「+」をタップ。開いたメニューの中から「共有アルバム」を選択

❸アルバム名を入力したら画面右上の「共有」をタップし、「宛先」から共有したい相手を指定

❹共有相手を指定したら、画面右上の「送信」をタップ。相手に共有アルバムへのリンクが記載された招待メールが届く

目的 ❻ 音楽データをアップしてスマホで聴きたい

膨大な音楽データをどこでも再生できる!

通常、パソコンやスマホで音楽を聴くには、当然ながら、各端末に楽曲ファイルをそれぞれ保存しておく必要がある。だが、そんな手間を省いてくれるのが、音楽専用のクラウドサービスだ。

基本的な仕組みは、手持ちの楽曲ファイルをネット上の保管スペースに保存しておけるというもの。ストレージ型のサービスに似た印象もあるが、こちらは一点特化型だけあって、音楽向けの機能が充実している。

スマホアプリを使ってストリーミング再生を楽しめるほか、タブレットやパソコンなど、複数の端末からクラウド上の音楽ファイルにアクセスすることが可能。

つまり、手持ちのすべての端末で、いつでもどこでもお気に入りの音楽を聴いたり、ダウンロードしたりできるようになるわけだ。

そんな音楽クラウドで特に好評を博しているのが、「Google Play Music」と「iTunes Match」の二つ。

Google Play Musicは、無料で最大5万曲をアップロード可能と、お手軽に音楽クラウドを始めたい人にうってつけ。

iTunes Matchは無料プランはないものの、年額3980円で最大10万曲をアップロードできるとあって、とりわけ熱心な音楽ファンからの評価が高い。

どちらのサービスもクラウドからの楽曲ダウンロードに対応。よく聴く曲はあらかじめダウンロードしておけば、データ通信量を消費しなくて済む。

画像1: 膨大な音楽データをどこでも再生できる!

音楽ファイルをクラウドに保存する

❶クラウドへの保存はパソコン環境が必須。公式サイトで同期アプリ「Music Manager」を入手する

❷アップロードしたい楽曲データを選択。「My Music」や「iTunes」のライブラリーを指定することが可能

❸アプリの導入が終わると、直ちにアップロードが開始。進捗状況はタスクトレイから確認できる

画像2: 膨大な音楽データをどこでも再生できる!

❹クラウドに保存した楽曲データは、スマホアプリからストリーミングで再生できる

画像3: 膨大な音楽データをどこでも再生できる!

クラウドに保存した楽曲をダウンロードする

❶iOS端末で「設定」→「ミュージック」を開き、「iCloudミュージックライブラリ」の項目をオンにする

❷次に「ミュージック」アプリを立ち上げて、「iCloudミュージックライブラリ」に保存された音楽を読み込む

❸アルバムを開いたら、曲名欄の右隅にある雲のアイコンをタップ。ダウンロードが開始

❹アルバム全曲のダウンロードは、上の画面のアルバム名欄にある雲アイコン、もしくは「…」から行う

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.