世界に無数に存在する家電の中には、斬新すぎる発想を持った製品が少なくない。思わず人に話したくなる、世界の知られざる「やりすぎ家電」を、家電スペシャリストの滝田勝紀が、丹念に発掘、レポートする。

デロンギ
デディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M

好みの設定で、必要な分量だけコーヒー豆を自在に挽ける全自動グラインダー。実売価格例は、2万6780円。

豆を均一に挽いて、豆本来のおいしさを安定して引き出す

サードウェーブブームなどを背景に、盛り上がっているのがコーヒーである。

「最高においしい一杯を飲みたい!」という人も確実に増えており、お気に入りの豆を購入してきて、飲むたびにしっかりと挽き、自慢のコーヒーマシンやハンドドリップツールで淹れるという、こだわり派も珍しくない。

そんなこだわり派たちも納得せざるをえない、“やりすぎ”なグラインダー(コーヒー豆を挽く機器)がデロンギから発売されている。

「デディカ コーン式コーヒーグラインダー」が、それである。

まず、やりすぎなのが、全自動コーヒーメーカーの世界シェアNo.1であるデロンギならではの特徴、コーン式グラインダーを採用した点。

豆を挽く際の摩擦熱を最小限に抑え、従来品より豆を均一に挽けるため、豆本来のおいしさを安定して引き出すことができる。

粒度18段階の中から、好みの設定で、必要な分量だけ挽ける

特筆すべきは、「極細挽き〜中挽き〜粗挽き」と、好みに合わせて18段階もの粒度を自在に設定できること。

例えば、芳純な香りや苦味を楽しむエスプレッソやトルココーヒーなどに最適な「極細挽き」。ペーパードリップに向いている「中細挽き」や「細挽き」。滑らかな口当たりや舌触りが楽しめるネルドリップなら「中挽き」。そして、コーヒーの油分まで抽出でき、素材本来のおいしさまで楽しめるフレンチプレスに最適な「粗挽き」といったように、豆の粒度をそのつどワイドレンジで合わせられるのも、やりすぎなポイントだ。

2.1型の大きなディスプレイでコーヒーの濃さなどが確認できるほか、ダイヤルで杯数を設定できる。

実は、デディカという製品名は同社のシリーズ名でもあり、エスプレッソメーカーも販売されている。

オールシルバーのスチール外装が精緻性の高さを感じさせるデザインは統一感があり、機能面の高さだけでなく、思わず一緒にそろえてキッチンに置きたくなるほど美しい。

毎日、気分に合わせてさまざまなコーヒーレシピを楽しみたい人にとって、本機は、最高のグラインダーといえる。こだわりを自負する人なら、ゲットしなければならないマストな一台である。

ズバリ、ココがやりすぎ!

❶コーン式グラインダーを採用

従来品に比べて、粒の均一性をより高めたコーン式挽き刃を採用。低速回転で摩擦熱を極力抑え、雑味の少ない安定した味わいと、香りの高いコーヒー抽出を可能にしている。

❷18段階の粒度を自在に設定

粒度は、18段階から自在に設定が可能。ドリップコーヒーはもちろん、エスプレッソ、フレンチプレス、水出しコーヒーなどを最適な粒度で淹れられ、最高のおいしさを実現する。

❸約120グラムの容量を持つコンテナ

静電気による粉の飛び散りを防止する着脱式コンテナを採用。透明アクリルは茶系で、光などで豆が劣化しにくい。容量は約120グラムで、豆を一気に挽いておき、飲みたいときに飲むという楽しみ方も可能。

解説/滝田勝紀(フリーランスライター)
◆Profile/フリーランスの編集者で「All About」の家電ガイド。ITメディアの「滝田勝紀の白物家電スゴイ技術」ほか連載多数。ドイツで開催される「IFA」ほか、海外展示会取材経験も豊富。電子雑誌「デジモノステーション」ディレクターも兼任している。

※表示の価格は、記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.