ワイヤレス接続でスマホの音楽を存分に楽しめるスピーカーに、シャープが開発した充電台「ROBOQUL」は、対応したAQUOSスマホをセットしておくと、スマホにメッセージやメール、アラームなどの通知が入った際に、充電台自体がユーザーのほうを向くという注目の新商品を紹介しよう。

ワイヤレス接続のスピーカーでスマホの音楽を存分に楽しもう

スマホは携帯音楽プレーヤーとしての役割も持っている。スマホで音楽データを買ったり、定額聴き放題サービスに加入したりすることも多いため、スマホが音楽を聴く唯一の方法という人もいるだろう。そんな人が自宅でヘッドホン以外で音楽を聴きたいと思ったら、ワイヤレス接続のスピーカーを使うのが王道だ。

スマホにはワイヤレス機能として「ブルートゥース」が搭載されているので、スピーカーもブルートゥース対応のものを用意。スピーカーの「ペアリングボタン」を押してから、スマホのブルートゥース設定画面に表示されるスピーカーの商品名・型番をタッブすれば、ワイヤレス接続の設定は完了。次回以降は、スマホの近くでスピーカーの電源を入れれば、自動的に接続される。

■木製キャビネットの高品位な響きが魅力

オラソニック
IA-BT7
実売価格例:3万2400円

画像: 木製キャビネットに、57ミリフルレンジと110ミリサブウーハー+パッシブラジエーターを搭載し、豊かな低音を実現。NFC対応スマホなら半自動的に接続設定ができる。 ●サイズ/縦275㎜×高さ144㎜×奥行き73㎜●重量/2.2㎏

木製キャビネットに、57ミリフルレンジと110ミリサブウーハー+パッシブラジエーターを搭載し、豊かな低音を実現。NFC対応スマホなら半自動的に接続設定ができる。
●サイズ/縦275㎜×高さ144㎜×奥行き73㎜●重量/2.2㎏

■さまざまなワイヤレス規格に対応

ヤマハ
MusicCast 20
実売価格例:2万6030円

画像: ブルートゥースに加え、ヤマハ独自のワイヤレス規格「MusicCast Stereo」「MusicCast Surround」に対応。同社のAVアンプと組み合わせると、ワイヤレスのサラウンドスピーカーとして機能する。 ●サイズ/幅150㎜×高さ186㎜×奥行き130㎜●重量/2.2㎏

ブルートゥースに加え、ヤマハ独自のワイヤレス規格「MusicCast Stereo」「MusicCast Surround」に対応。同社のAVアンプと組み合わせると、ワイヤレスのサラウンドスピーカーとして機能する。
●サイズ/幅150㎜×高さ186㎜×奥行き130㎜●重量/2.2㎏

あると便利なアイデアグッズでスマホを快適に使いこなす!

アイデアを実現化したスマホグッズは、自分の用途にハマるとスマホ生活に欠かせないものになる。

例えば、シャープが開発した充電台「ROBOQUL」は、対応したAQUOSスマホをセットしておくと、スマホにメッセージやメール、アラームなどの通知が入った際に、充電台自体がユーザーのほうを向くというもの。AQUOSのインカメラを使って顔を認識している。

■人の顔を検知してクルッと回る充電台

シャープ
ROBOQUL
実売価格例:6490円

画像: ●サイズ/直径102㎜×高さ85㎜●重量/209g

●サイズ/直径102㎜×高さ85㎜●重量/209g

USB Type-Cのジャックを備えた充電台。対応するAQUOSスマホのインカメラで顔を認識し、各種通知があるとユーザーの顔の方向に回転する。テレビ電話や「OK Google」にも対応する。

また、サンワサプライのマグネット式ケーブルは、スマホに小型のUSBジャックを差しておき、これとケーブル側の先端が磁石で付くというもの。コネクター部の向きを気にすることなく着脱が素早くでき、不意の破損も防止できる。

■充電ケーブル接続のストレスが一気に解消

サンワサプライ
KU-MGD1
実売価格例:2080円

●ケーブル長/約1m●コネクター部直径/約3㎜

画像: コネクター先端部とケーブル末端がマグネットに結合する充電・データ転送ケーブル。コネクター部はスマホに差しっぱなしで使用。先端部はmicroUSBとType-Cが用意されている。

コネクター先端部とケーブル末端がマグネットに結合する充電・データ転送ケーブル。コネクター部はスマホに差しっぱなしで使用。先端部はmicroUSBとType-Cが用意されている。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.