富士通から、パソコンの冬モデルが発表になった。注目は、富士通の技術力を集結したハイエンドの新シリーズ「Xシリーズ」。ディスプレイ一体型デスクトップパソコンESPRIMOの最新ハイエンドモデル「FX-X/C3」だ。その目玉は、4Kコンテンツへの完全対応である。もう一つ、UX-X/C 3は、13・3型で世界最軽量のモバイルノートパソコン。698グラムを達成した軽量モデルだ。

富士通 ESPRIMO FH-X/C3

実売価格例:31万8380円

画像: 27型4Kディスプレイ一体型のデスクトップ機。新4K衛星放送対応のチューナーを内蔵し、UHD BDの再生をこなす光学ドライブも搭載する。CPU、メモリー、ストレージも高性能パーツを採用。性能に妥協のない正真正銘のハイエンドモデルである。サイズ・重量は、幅616ミリ×高さ442ミリ×奥行き170ミリ・12.9キロ。

27型4Kディスプレイ一体型のデスクトップ機。新4K衛星放送対応のチューナーを内蔵し、UHD BDの再生をこなす光学ドライブも搭載する。CPU、メモリー、ストレージも高性能パーツを採用。性能に妥協のない正真正銘のハイエンドモデルである。サイズ・重量は、幅616ミリ×高さ442ミリ×奥行き170ミリ・12.9キロ。

一台でパソコン/テレビ/オーディオの三役をこなす

富士通から、パソコンの冬モデルが発表になった。今季の注目ポイントは、富士通の技術力を集結したハイエンドの新シリーズ「Xシリーズ」である。その第一弾として、一体型デスクトップ機とモバイルノート機が発売されている。

まず、FX-X/C3は、ディスプレイ一体型デスクトップパソコンESPRIMOの最新ハイエンドモデルだ。その目玉は、4Kコンテンツへの完全対応である。12月1日に放送開始となった新4K衛星放送チューナー(BSと110度CS)を搭載。同時に画面も27型の4K(3840ドット×2160ドット)ディスプレイとなり、4K放送の迫力を余すところなく再現する。

サウンド面でも、パイオニアと協業したハイレゾ対応スピーカーは、低音を強化して迫力を増強。さらに、4K映像を収録するUSB BDの再生に対応した光学ドライブを搭載しており、4Kの市販ソフトもこれ一台で楽しめる。

サウンドバーふうに分離したデザインのスピーカー部

画像: サウンドバーふうのスピーカー部は、パイオニアと協業した2.1チャンネル。音が直接耳に届くよう調整されており、サブウーハーもダブルパッシブラジエーター方式で低音を強化した。

サウンドバーふうのスピーカー部は、パイオニアと協業した2.1チャンネル。音が直接耳に届くよう調整されており、サブウーハーもダブルパッシブラジエーター方式で低音を強化した。

もちろん、パソコンとしての基本性能もハイエンドモデルにふさわしく、CPUはマルチタスクに絶対的な強さを誇るインテルの第8世代6コアCPU、Core i7+を搭載。さらに、SSD並みの高速化とHDDの大容量を両立するインテルOptaneメモリー技術を採用することで、起動時間をはじめ、各種動作を圧倒的に高速化することに成功している。

奥行きがぐっとスリム化して設置しやすくなった

左側の前モデルに比べ、設置時の奥行きを57ミリほど短い170ミリに圧縮。設置スペースが大幅にコンパクト化されたことで、使用場所の自由度が高まっている。

もう一つのUX-X/C 3は、13・3型で世界最軽量のモバイルノートパソコン。UHシリーズは、昨年春のUH75/B1が777グラムで当時の世界最軽量を実現しており、そのあともライバル機と熾烈な最軽量争いを続けている。今季のUH-Xでは、ついに698グラムを達成。しかも、先代までの最軽量機はミドルクラスモデルだったのに対し、本機は第8世代のCore i7を搭載するなど、性能も折り紙付きである。

Xシリーズの登場によって、新しい時代に突入した富士通のパソコン。今後の展開にも要注目だ。

富士通 LIFEBOOK UH-X/C3

実売価格例:26万4380円

13.3型で698グラムのモバイルノートも登場!

画像: 13.3型モバイルノートのUHシリーズにも、UH-Xが登場。このクラスで世界最軽量となる698グラムを実現しながら、性能面でも申し分のないハイスペックモデルだ。

13.3型モバイルノートのUHシリーズにも、UH-Xが登場。このクラスで世界最軽量となる698グラムを実現しながら、性能面でも申し分のないハイスペックモデルだ。

文/福多利夫(フリーライター)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.