Windows10を使いやすくするオススメ設定、活用テクの1つに、スタートメニューやタスクバーのカスタマイズがある。例えばスタートメニューにある「タイル」の数が増えすぎた場合の対処法は、タイルを右クリックして「スタートからピン留めを外す」を実行すれば削除可能だ。また、スタートメニューを使わずにアプリを起動したい場合は、タスクバーから使える「クイック起動」も便利。その詳しい手順を解説する。

タイルを右クリックして「スタートからピン留めを外す」を実行すれば削除可能

スタートメニューにある「タイル」のメリットといえば、大きなアイコン画像で目立つため、目当てのアプリを一目で把握できるという点に尽きる。しかし、タイル数が増えすぎてしまうと、わかりづらいと感じることもあるだろう。

そんなときは、タイルを右クリックして「スタートからピン留めを外す」を実行すれば、スタートメニューから削除可能だ。もちろん、タイルは消えても、起動アイコンは階層式メニューに残っているので心配無用。タイルを再登録したいときは階層式メニューのアイコンを右クリックして「スタートにピン留めする」を実行しよう。

スタートメニューをカスタマイズ

画像: 不要なタイルがある場合は、タイルを右クリックして、メニューから「スタートからピン留めを外す」を選択すればメニューから削除できる。

不要なタイルがある場合は、タイルを右クリックして、メニューから「スタートからピン留めを外す」を選択すればメニューから削除できる。

さらに、タイルは並べ替えやグループ分けもできる。並び替えはドラッグ&ドロップ、グループ分けはタイル上部の余白にマウスカーソルを置き、「グループに名前を付ける」欄が表示されたら好きなグループ名を入力すればいい。

画像: タイルの移動は、ドラッグ&ドロップで行える。タイルを置くスペースが足りないときは、メニュー端をドラッグすればサイズの変更が可能だ。

タイルの移動は、ドラッグ&ドロップで行える。タイルを置くスペースが足りないときは、メニュー端をドラッグすればサイズの変更が可能だ。

画像: タイルの数が増えてきたら、グループ分けをすると管理が楽になる。同じジャンルのタイルをまとめたら、グループ名を設定しておこう。

タイルの数が増えてきたら、グループ分けをすると管理が楽になる。同じジャンルのタイルをまとめたら、グループ名を設定しておこう。

また、スタートメニューを使わずにアプリを起動したい場合は、タスクバーから使える「クイック起動」が便利。利用方法は、まずタスクバーの右クリックメニューにある「ツールバー」の「新規ツールバー」を選択。続いて、ダイアログの入力ボックスにすべて半角で「shell:Quick Launch」と入力し、「フォルダーの選択」をクリックすればクイック起動が追加される。ただし、初期状態ではアプリ名などで場所を取るので、タスクバーの右クリックメニューから「ボタン名」「タイトル」をオフにしよう。あとはアプリやフォルダーなどをクイック起動にドラッグ&ドロップすればショートカットを登録できる。

タスクバーをカスタマイズ

画像: タスクバーの右クリッメニューにある「ツールバー」から「クイック起動」を追加すれば、ランチャー感覚で好きなアプリを手間なく起動できるようになる。

タスクバーの右クリッメニューにある「ツールバー」から「クイック起動」を追加すれば、ランチャー感覚で好きなアプリを手間なく起動できるようになる。

画像: タスクバーのカスタマイズは、「設定」の「個人用設定」の「タスクバー」から行える。表示サイズを小さくしたり、自動的に隠したりなども可能だ。

タスクバーのカスタマイズは、「設定」の「個人用設定」の「タスクバー」から行える。表示サイズを小さくしたり、自動的に隠したりなども可能だ。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.