パソコンは「資源有効利用促進法」により、メーカーによる回収が義務付けられている。よって、使わなくなったパソコンはメーカーに回収を依頼できる。メーカーがわからない、あるいは連絡先不明の場合には「パソコン3R推進協会」に連絡すれば、郵送回収に応じてくれる。またHDDに保存した情報漏えいにも注意が必要だ。

使わなくなったパソコンの処理方法は?

メーカーによる回収が義務付けられている

パソコンは、「資源有効利用促進法」により、メーカーによる回収が義務付けられている。そのため、メーカーに回収を依頼することが可能。メーカーがわからない、あるいは連絡先不明の場合には「パソコン3R推進協会」に連絡すれば、郵送回収に応じてくれる。逆にいうと、パソコンは粗大ゴミなどで勝手に捨てることはできないわけだ。

HDD内に保存した情報の漏えいに注意

パソコンを処分するときに注意したいのは、HDD内に保存した情報の漏えい。HDDを取り出し、外付けHDDとして利用することや、取り外して物理的に破壊する、パソコンが作動しているうちに消去アプリを使ってデータ消去、業者に渡してデータ消去を依頼するといった対応が必要となる。中古パソコンの活用、部品の再利用を目的として、パソコンを無料で処分してくれる業者もあるので、それを利用するのもいいだろう。

パソコンを処分するときはデータの漏えいに注意!

画像1: 【パソコンの処分方法】捨てることはできる?データ消去のやり方は?

【処分先】
パソコンメーカー、パソコン回収業者、自治体などへの廃棄、中古パソコン店、オークションへの売却、知人への譲渡など。

画像2: 【パソコンの処分方法】捨てることはできる?データ消去のやり方は?

【データ】
1 .記憶装置を外して再利用
2 .物理的に破壊
3 .消去アプリを使ってデータ消去
4 .業者にデータの完全消去を依頼

回収からデータ消去まで無料で行う業者もある

画像: 「パソコンファーム」は、パソコンを宅配便で送るだけで、無料で処分してくれる。HDDはパソコンから取り外し、物理的破壊によりデータの完全消去を行う。消去証明書も発行してくれる。「パソコンファーム」⇒ https://pc-farm.co.jp/

「パソコンファーム」は、パソコンを宅配便で送るだけで、無料で処分してくれる。HDDはパソコンから取り外し、物理的破壊によりデータの完全消去を行う。消去証明書も発行してくれる。「パソコンファーム」⇒https://pc-farm.co.jp/

解説/福多利夫(フリーライター)イラスト/中山昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.