ケータイでは、電話以外の連絡手段として、キャリア(携帯電話事業者)が提供するメールサービスを利用する人が多かった。しかし、スマホでは、Gmailなどの無料のウェブメールやLINEなどのSNSを使い分けている人が多く、キャリアメールの利用が減ってきている。

キャリアメールは不要?

ケータイでは、電話以外の連絡手段として、キャリア(携帯電話事業者)が提供するメールサービスを利用する人が多かった。しかし、スマホでは、キャリアメールの利用が減り、EメールとSNS(※)を使い分けている人が多いようだ。

※SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略。スマホアプリなどを使い、ネット上で社会的な交友関係などを構築するサービス。「LINE」「フェイスブック」「ツイッター」「インスタグラム」などが代表的。

スマホで使われるメールサービス

画像: ケータイ時代は欠かせなかったキャリアメールだが、スマホではそれほど利用されていない。連絡手段としては、メールよりもSNSが主流になっている。

ケータイ時代は欠かせなかったキャリアメールだが、スマホではそれほど利用されていない。連絡手段としては、メールよりもSNSが主流になっている。

スマホでは「Gmail」か「iCloudメール」を使うのが便利

Eメールは、パソコンと同じプロバイダーメールも利用できるが、Googleの「Gmail」やアップルの「iCloudメール」のほうが使い勝手がいい。さらに、家族や友人とのやり取りでは、メールではなく「LINE」を使う人が多い。

なお、キャリアでは、電話番号を宛て先にして長文メールや画像も送れる「+メッセージ」も提供しているが、普及はまだまだという印象だ。

さまざまなメールサービスが利用可能

画像: Eメールは複数のメールアカウントを設定でき、パソコンと同じ感覚で使える(画面左)。 SMSを拡張した「+メッセージ」はSNSを意識した使い勝手が特徴(画面右)。

Eメールは複数のメールアカウントを設定でき、パソコンと同じ感覚で使える(画面左)。
SMSを拡張した「+メッセージ」はSNSを意識した使い勝手が特徴(画面右)。

解説/村元正剛(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.