【公衆無線LANの危険とは】セキュリティ対策に「VPNアプリ」がおすすめ!無料のものはある?

ガジェット

公衆無線LANを使った通信は、第三者に傍受されるリスクがある。特にパスワードなし、暗号化方式が「WEP」のスポットは傍受の危険性が高いので、プライベートなやり取りは避けたほうがいい。一方「WPA2」方式で暗号化されたスポットは比較的安全といえるものの、リスクが皆無ではない。心配なら、すべての通信内容を暗号化する「VPN」アプリを使用しよう。

公衆無線LANって危険だと聞いたけど、大丈夫?

脅かすわけではないが、危険なのは事実だ。というのも、公衆無線LANを使った通信は、第三者に傍受されるリスクがあるからだ。特にパスワードなし、もしくは暗号化方式が「WEP」のWi-Fiスポットは傍受の危険性が高まるので、プライベートなやり取りは避けたほうがいいだろう。

一方、「WPA2」方式で暗号化されたスポットは比較的安全といえるものの、リスクが皆無というわけではない。慎重を期すなら、URLが「https://」から始まる、「SSL」方式で通信内容が暗号化されたサイト以外は、なるべくアクセスしないほうが無難だ。

VPNアプリなら公衆無線LANも安心して使える

それでも心配なら、すべての通信内容を暗号化してくれる「VPN」アプリを使用しよう。VPNアプリを使えば、スポットやサイトのセキュリティにかかわらず、第三者からのデータ傍受を防いでくれる。無料で使えるVPNもあるが、安心して使用したいなら出自のはっきりとした有料アプリを使うようにしたい。

AnchorFree GmbH
Hotspot Shield VPN

無料
Android/iOS

VPNアプリは全通信内容を暗号化してくれる。公衆無線LANを利用する際に、セキュリティを保ちたいなら必須といえる。「Hotspot Shield VPN」のように条件付きで無料のものもある。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)イラスト/中山昭(絵仕事界屋)

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース