Wi-Fiルーターが、2.4Gヘルツと5Gヘルツのどちらにつながっているのか確認する場合、一般的なWi-Fiルーターであれば、2.4Gヘルツ帯と5Gヘルツ帯で異なるSSIDが割り当てられる。そのため、スマホやパソコンのWi-Fi設定画面で、接続しているSSIDを見れば、それがどちらのSSIDか判別できるはずだ。2.4Gヘルツ、5GヘルツのSSIDは、Wi-Fiルーター本体に貼ってあるシールに記載されている。

今、2.4Gヘルツと5Gヘルツのどちらにつながっているの?

SSIDを見ればどちらなのかがわかる

一般的なWi-Fiルーターの場合、2.4Gヘルツ帯と5Gヘルツ帯で異なるSSIDが割り当てられる。そのため、スマホやパソコンのWi-Fi設定画面で、接続しているSSIDを見れば、それがどちらのSSIDか判別できるはずだ。2.4Gヘルツ、5GヘルツのSSIDは、Wi-Fiルーター本体に貼ってあるシールに記載されている。

画像: iPhoneやAndroid、パソコンは、Wi-Fiの設定画面で、現在接続しているSSIDを確認できる。これにより、今どちらの電波帯に接続しているかがわかる(この例では5Gヘルツ帯に接続している)。

iPhoneやAndroid、パソコンは、Wi-Fiの設定画面で、現在接続しているSSIDを確認できる。これにより、今どちらの電波帯に接続しているかがわかる(この例では5Gヘルツ帯に接続している)。

画像: 一般的なWi-Fiルーターは、2.4Gヘルツと5GヘルツのSSIDが異なっている。これを基に、スマホやパソコンの接続電波帯を調べることができる。

一般的なWi-Fiルーターは、2.4Gヘルツと5GヘルツのSSIDが異なっている。これを基に、スマホやパソコンの接続電波帯を調べることができる。

例外として、メッシュWi-Fiは、2.4Gヘルツと5Gヘルツで同じSSIDを使うので、SSIDを見ても判断できない。一部のAndroid機は、Wi-Fiの詳細画面で使用電波帯が表示されるが、それ以外の機種では知る方法がない。メッシュWi-Fiは、使用周波数帯をルーターが決めるので、ユーザーが意識する必要がないわけだ。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.