肝臓が疲れている人は、その姿勢にハッキリとした傾向があります。右肩が下がり、右の骨盤が上がっています。肝臓が疲れると、周囲の臓器にも影響が及びます。まず影響を受けるのが、心臓です。さらにその影響は、肺にも及びます。そこで、私が勧めているのが肝臓の疲れを取る「肝臓呼吸」です。【解説】南一夫(内臓調整療法学院・内臓調整療法師会・行徳内臓調整療法院代表)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

南一夫(みなみ・かずお)
内臓調整療法学院・内臓調整療法師会・行徳内臓調整療法院代表。1973年、千葉工業大学卒業。82年、姿勢保健均整専門学校卒業。91年、身体均整師養成講座講師。2011年、内臓調整療法師会を設立、内臓調整療法学院を開設し、現在に至る。年間6000人、延べ13万人の施術歴がある。著書に『異常傾斜圧の観察と調整』(身体均整師会出版部)。

肝臓が疲れると便秘、不眠、疲れ目などを招く

私は、体のゆがみや体表の異常を観察し、健康な状態に戻していく「内臓調整療法」を行っています。

そのなかで、多くの患者さんを見ていると、不調を訴える人の多くは、「肝臓の疲れ」があるとわかりました。

肝臓が疲れると、慢性疲労、便秘、下痢、食欲不振、不眠、耳鳴り、めまい、疲れ目、首・肩のコリ、腰痛、ひざ痛、股関節痛など、さまざまな不調が起こります。

特定の病気がないのにこうした症状が現れるのは、たいてい肝臓が疲れているときです。

肝臓が疲れている人は、その姿勢にハッキリとした傾向があります。右肩が下がり、右の骨盤が上がっています。これは、肝臓が緊張しているからです。

肝臓が疲れると、緊張して硬くなります。肝臓の大部分は上腹部の右側にありますから、そこに引っ張られるように体幹部(胴体)の右側も緊張し、収縮します。その結果、右肩が下がり、右の骨盤が上がるのです。

また、肝臓が硬くなると、その反射で右側の肋間神経(肋骨に沿って走っている神経)の運動神経が興奮します。

そのため、肋骨と肋骨の間にある筋肉(肋間筋)が硬くなり、右腕が上げにくくなります。ですから、肝臓が疲れている人は、両手を上げると、右手が左手より少し低くなるはずです。

画像: 【肝臓の疲れを取る方法】体の右側に現れる不調のサイン&セルフケア

《肝臓の疲れからくる姿勢》
肝臓が疲れて硬くなると、そこ引っ張られるように胴体の右側が緊張し、収縮する。その結果、右肩が下がり、右の骨盤が上がる。

肝臓と心臓はセットで悪くなる

肝臓が疲れると、周囲の臓器にも影響が及びます。まず影響を受けるのが、心臓です。肝臓から出ている肝静脈は、心臓に入る下大静脈につながっています。

しかし肋間筋が硬いと、息を吸っても胸郭(胸を取りまく骨格)が広がりません。すると、肝静脈から下大静脈に入る血流が悪くなって、心臓の負荷が大きくなります。

一方、肝臓は肝静脈が流れていかないので、血流が滞り、うっ血を起こします。

肝臓が悪い人は、たいてい、心臓もいっしょに悪くなります。逆に心臓が悪いと、肝臓もその影響を受けてよけい悪くなります。「肝心要」という言葉があるように、人体の要の臓器である肝臓と心臓は、セットで悪くなるのです。

さらにその影響は、肺にも及びます。胸郭が狭いと、心臓から肺にいく血流も悪くなるからです。

そこで、私が勧めているのが肝臓の疲れを取る「肝臓呼吸」です。
この呼吸法は、二つのステップで行います(やり方は下記参照)。

肝臓の疲れを取る「肝臓呼吸」のやり方

ステップ1腕の振り上げ呼吸

画像1: 肝臓の疲れを取る「肝臓呼吸」のやり方

両足を軽く開いて立ち、

鼻から息を吸いながら両腕を同時に頭上まで振り上げます。

そして、鼻から息を吐きながら下ろします。

②〜③を反動をつけ、リズミカルに20〜30回くり返します。

肝臓が悪い人は、右手が上がりにくいでしょうが、無理に上げる必要はありません。くり返すうちに、自然に上がります。

腰を反らすほど両腕を振り上げる必要はありません。反動で、自然に振り上げてください。

両腕を振り上げると、肋間筋がほぐれてきます。また、息を吸いながら腕を上げると、肋骨が上がります。肋間筋がほぐれ、肋骨が上がることによって胸郭が開きやすくなります。

同時に、リズミカルな腕の運動は、肝臓にとって適度な振動になります。この振動によって肝臓がマッサージされ、やわらかくなるのです。

私の施術では、直接肝臓に手を当て、マッサージすることがあります。肝臓をやわらかくするには、マッサージがいちばんなのです。

こうして胸郭が開き、肝臓がやわらかくなったら、深呼吸で血流を促します。

ステップ2胸式深呼吸

画像2: 肝臓の疲れを取る「肝臓呼吸」のやり方

あおむけになり、バンザイをした状態で鼻から目いっぱい息を吸い、鼻からゆっくり息を吐きます。

この呼吸は、息を吸うときに大きく胸をふくらませる胸式呼吸で、ゆっくり深く行ってください。これを20〜30回くり返します。

こうして胸郭をグーッと広げることによって、胸の中の圧が下がり、おなかの圧(腹圧)が上がって、肝臓から心臓に血液が流れやすくなります。

それによって肝臓のうっ血が取れ、肝臓の血流がよくなります。また、胸郭を開くことで心臓への負荷も減ります。

さらに胸式深呼吸を行うと、自律神経(意志とは無関係に内臓や血管の働きを調整する神経)の調整にも役立ちます。

肺には自律神経のセンサーがついていて、肺がふくらむと、活動時に優位になる交感神経が働きます。すると、自動的に肺が収縮して、今度は休息時に優位になる副交感神経が働くようになります。

こうして自律神経のバランスが整い、吸気と呼気の切り替えがうまくいって、呼吸がしやすくなります。

脳の血流も改善し耳鳴りやめまいに効果大

この一連の肝臓呼吸により、胸郭が開き、肝臓から心臓、肺への血流がよくなると、首から脳にいく血流も改善します。耳鳴りやめまい、頭痛、疲れ目などにも効果があります。

また、胃腸などから肝臓に流れ込んでくる門脈の血流がよくなるので、胃腸の周囲の静脈血の流れも改善し、便秘、下痢、食欲不振などが解消します。

私は眠れないときに、よく肝臓呼吸を行います。すると、血流がよくなり、スーッと眠れます。寝るときに体の右側を下にしたくなる人は、肝臓が硬くなっています。それで眠れなくなってしまうのです。

また、肝臓が疲れていると、姿勢が前かがみになります。しかし、肝臓呼吸を続けると、姿勢もよくなり、腰痛やひざ痛、股関節痛なども改善します。

現代人は、多かれ少なかれ、肝臓に疲れがあります。ですから、私は多くの患者さんにこの肝臓呼吸を勧めています。

続けている人のなかには、前述の症状のほかに、肝機能値が改善した人、疲れやだるさ、高血圧などが解消した人も少なくありません。

画像: この記事は『壮快』2019年1月号に掲載されています。

この記事は『壮快』2019年1月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.