パナソニックのフルサイズミラーレス一眼「 LUMIX DC-S1R/DC-S1」は、世界初の4K/60p動画記録を実現し、Lマウントを採用するプロ仕様機だ。実売価格は、ボディ単体でS1Rが50万円台、S1が30万円台前半となっている。

パナソニックのフルサイズミラーレス一眼の2モデルの国内販売の詳細が判明

パナソニックは、フルサイズミラーレス一眼・DC-S1RとDC-S1の2モデルを、3月23日から日本国内で発売開始する。

パナソニック
LUMIX DC-S1R/DC-S1

実売価格例:50万990円(S1Rボディ)、62万1950円(S1R 24-105mmキット)、33万8990円(S1ボディ)、45万9950円(S1 24-105mmキット)

画像: Lマウントを採用するプロ仕様機。写真はDC-S1R。

Lマウントを採用するプロ仕様機。写真はDC-S1R。

画像1: パナソニック LUMIX DC-S1R/DC-S1
画像2: パナソニック LUMIX DC-S1R/DC-S1

S1Rは4730万画素、S1は2420万画素のフルサイズローパスフィルターレスCMOSセンサーを搭載。ミラーレス一眼として世界初の4K/60p動画記録を実現している。
すでにカメラ量販店での予約販売もスタート。ボディ単体でS1Rが50万円台、S1が30万円台前半の実売価格となっている。

●サイトURL→https://panasonic.jp/dc/

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.