骨盤はいわば体の屋台骨です。手術によって症状を改善できたとしても、骨盤のゆがみを直さないかぎりは症状がいつ再発してもおかしくありません。日常生活に簡単な体操を取り入れることで、骨盤のゆがみは矯正することができます。その方法をご紹介しましょう。【解説】竹内武男(柔道整復師・鍼灸師)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

竹内武男(たけうち・たけお)
柔道整復師・鍼灸師。山梨県北杜市で、完全予約制で治療を行う。また、山梨県を中心とした体操教室で、独自に考案した骨盤体操を指導。痛みやしびれが自力で治せる方法として、大変好評を得ている。

脊柱管狭窄症の原因は骨盤のゆがみ!

「足がしびれて歩けない」「腰からお尻にかけて痛みがひどい」「少し歩いただけで、すぐに座ってしまう」──。これらは、脊柱管狭窄症の代表的な症状です。

脊柱管狭窄症とは、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭まることで神経が圧迫され、足腰に痛みやしびれが生じる症状のこと。

一般的に、治りにくい難病と指定されており、その原因は「骨盤のゆがみ」にあることが少なくありません。

骨盤は、いわば体の屋台骨です。骨盤の上に上半身を支える背骨が乗っており、S字状のカーブを描いてその先の重い頭を支えています。

そのため、土台となる骨盤がゆがんでいると、全身のバランスが大きくくずれ、背骨にも大きな負荷がかかります。その結果、脊柱管が狭まり、神経を刺激してしまうのです。

実際に、私はこれまで脊柱管狭窄症と診断された多くのかたを治療してきましたが、その多くの骨盤が大きくゆがんでいました。

骨盤が後ろに傾いて、左右のバランスもくずれています。背骨も大きく曲がり、頭を前に突き出したような姿勢になっているのです。

このようなかたは、たとえ、手術によって一時的に症状を改善できたとしても、骨盤のゆがみを直さないかぎりは、症状がいつ再発してもおかしくありません。

そのため、私はまず骨盤のゆがみを直すことこそ、脊柱管狭窄症の治療において先決だと考えています。

しかし、骨盤がゆがんでいると自覚していても、その治療に通うのが難しいかたも多いでしょう。しかし、日常生活に簡単な体操を取り入れることで、骨盤のゆがみは矯正することができます。ここでは、その方法をご紹介しましょう(詳しいやり方は次項参照)。

後ろに傾いた骨盤が正しい位置に戻る!

まず、行ってほしいのが、「壁ドン体操」です。これは、後傾した骨盤を正しい位置に戻すための動作です。

《壁ドン体操のやり方》

画像1: 【脊柱管狭窄症のストレッチ】大きな原因の一つ“骨盤のゆがみ”を矯正する「壁ドン体操」のやり方

直立した姿勢で壁に両手を当て、左足を後ろに引きます。重心を左足にかけ、ひざ裏とふくらはぎを伸ばします。この姿勢で10秒キープします。逆の足も同様に行い、後ろに傾いた骨盤の位置を矯正します。

壁ドン体操と併せて行ってほしいのが、「骨盤ゆらゆら」です。

《骨盤ゆらゆらのやり方》

画像2: 【脊柱管狭窄症のストレッチ】大きな原因の一つ“骨盤のゆがみ”を矯正する「壁ドン体操」のやり方

あおむけになり、両ひざを立てます。

画像3: 【脊柱管狭窄症のストレッチ】大きな原因の一つ“骨盤のゆがみ”を矯正する「壁ドン体操」のやり方

左足のふくらはぎを右足のひざに乗せ、30度の角度で左右にゆらゆら揺らします。このとき、力を入れずに、ゆっくりと行うのがコツです。10往復したら、逆の足も同様に行います。

これは、骨盤を支えている重要な筋肉の緊張をほぐすための動作です。骨盤のすぐ上にある腰椎(背骨の腰の部分)の側面から、太ももに伸びる大腰筋と、骨盤の左右にある腸骨から太ももに伸びる腸骨筋です。

これらを総称して腸腰筋とも呼びますが、腸腰筋が緊張してかたくなっていると、骨盤の動きが悪くなり、ゆがみの原因になります。骨盤ゆらゆらを行うことで、腸腰筋の緊張がほぐれ、左右に傾いた骨盤の矯正につながるのです。

これら二つの体操は、骨盤を矯正するだけでなく、ふくらはぎへの刺激にもなります。

ふくらはぎが、全身の血流に大きな役割を担っているのはご存じでしょうか。ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれ、下半身にたまった血流を上半身に戻すポンプの役割を果たしています。

腰など、痛みやしびれが生じている患部の血流もよくなるので、この点からも、症状緩和に大きく役立つでしょう。

1日2セット、この二つの体操を行ってください。根気よく毎日続けることが重要です。

画像: この記事は『壮快』2019年3月号に掲載されています。

この記事は『壮快』2019年3月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.