パソコンでハイレゾ音源を再生するには、ハイレゾ対応の再生プレーヤーアプリをインストールすればいい。しかし、PCでハイレゾ本来の高音質を楽しむには「USB DAC」という機器があるといい。ここではまず「USB DACとは何か」を解説する。また、PCだけでなくスマホでも使えるタイプもある。

USB DACって何をするための機器?

現在のパソコンは、ハイレゾ対応の再生プレーヤーアプリをインストールすれば、ハイレゾ音源が再生できる。ただし、ハイレゾ音源本来の高音質を楽しむには、一工夫が必要になる。ハイレゾ本来の音質を追求するなら、USB DACという機器を用意し、一般的なアンプ&スピーカーやミニコンポといったオーディオ機器につなぎたい。

USB DACとは、ダウンロード購入したハイレゾ音源などのデジタルデータを、スピーカーを鳴らせるアナログデータへと変換するための機器。DAC機能自体はどのパソコンにも内蔵されているが、あくまで必要最小限、コスト優先といったもので、オーディオ的に優れたものではない。

だが、USB DACはオーディオ機器として音質を優先した設計が施されており、端子類もオーディオクオリティの金メッキプラグが採用されていたりする。

最近は、DSD形式の音源も増えているが、DSD対応USB DACなら、そのまま本来の音質で聴ける、いわゆるDSDネイティブ再生ができる。

USB DACは、一般的なアンプなどと組み合わせて使う単体型がベーシックだが、最近は、プリメインアンプやミニコンポ、スピーカーにUSB DAC機能を内蔵しているものも多い。

また、バッテリーを搭載するポータブルタイプなら、パソコンだけでなくスマホともつながり、ハイレゾを楽しむことができる。 

ポイント①
パソコンとオーディオの橋渡し役がUSB DAC

画像: すべての音源はデジタルデータのため、スピーカーやアンプを鳴らすにはアナログ変換が必要。そのためのDACはパソコンにも内蔵されているが、USB DACはずっと高音質だ。

すべての音源はデジタルデータのため、スピーカーやアンプを鳴らすにはアナログ変換が必要。そのためのDACはパソコンにも内蔵されているが、USB DACはずっと高音質だ。

ポイント
単体型から複合型までさまざまなタイプがある

単体タイプ
コルグ DS-DAC-10R

実売価格例:4万8820円

画像: アンプやミニコンポにつないで使う単体タイプ。オーディオ入力端子もあるので、アナログメディアのDSD録音にも活用できる。

アンプやミニコンポにつないで使う単体タイプ。オーディオ入力端子もあるので、アナログメディアのDSD録音にも活用できる。

ポータブルアンプタイプ
Fiio Q1 Mark Ⅱ

実売価格例:1万5840円

画像: スマホとつながり、バッテリー内蔵で屋外でも使えるポータブルタイプ。パソコンとつないで、自宅で使うこともできる。

スマホとつながり、バッテリー内蔵で屋外でも使えるポータブルタイプ。パソコンとつないで、自宅で使うこともできる。

プリメインアンプタイプ
デノン PMA-60

実売価格例:5万3760円

画像: スピーカーを鳴らすプリメインアンプにUSB DAC機能を内蔵。CDプレーヤーなどほかのオーディオ機器もつながる。

スピーカーを鳴らすプリメインアンプにUSB DAC機能を内蔵。CDプレーヤーなどほかのオーディオ機器もつながる。

※価格は記事作成時のものです。

大坪知樹(フリーライター)イラスト/中山昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.