ミラーレス一眼にEVF(電子ビューファインダー)は必要?EVFを外付けできるカメラはある?

知識

最近発売されているミラーレス一眼は、EVF(電子ビューファインダー)を搭載するものが主流。EVFがないほうがボディは軽快になるが、EVFをのぞきながらのほうが安定してカメラを構えることができるし、視度の調整ができるため、老眼の人でも快適に撮影が楽しめる。少数だが、キャノン「EOS M6」のように外付けEVFを装着できる機種もある。

電子ビューファインダーはあったほうがいい?

EVFの有無によって使い勝手が変わってくる

一部の小型ミラーレス一眼の中には、電子ビューファインダー(EVF)を省いた機種もある。ないほうがボディは軽快になるし、背面モニターがあれば十分と考える人もいるだろう。

しかし、背面モニターを見ながらより、EVFをのぞきながらのほうが安定してカメラを構えることができる。老眼ぎみの人なら、視度を調整できるEVFのほうが断然快適に撮影できるはずだ

最近発売されているミラーレス一眼は、EVFを搭載するものが主流。また、現在ではごく少数になってしまったが、キヤノン・EOS M6のように外付けEVFを装着できる機種もあり、携帯性と視認性を場面によって使い分けることができるので便利だ。

EVFの有無以外はほぼ同スペック

EVF搭載
キヤノン EOS M5

EVF非搭載
キヤノン EOS M6

ボディはM6のほうが小型・軽量。

外付けEVF装着時は、外部ストロボが装着できなくなるのが悩ましい。

解説/岡田清孝(カメラマン)

知識文具・ホビー・カメラ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース