SIMカード。英語での名称は、"Subscriber Identity Module Card" 。日本語の正式名称は「加入者識別モジュールカード」。電話機として使うための、種々のデーター、電話番号、通信事業者(NTTドコモ、au、ソフトバンクなど)が記録された小さなカードのことです。スマートホンを買った時、まるで儀式のように、販売担当者がうやうやしくSIMカードを差し込むのをご覧になった人も多いと思います。

SIMロックとは? 

このSIMにより、「キャリア」と「機種」を規定することができます。
端的にいうと、ドコモが販売しているスマートホンには、ドコモのキャリアが使えますということです。別な言い方をすると、ユーザーを容易に囲い込むのに有効な手段にもなるわけです。

ところが、考えて見てください。
自分が今持っているA社の機種が、スゴく気に入っているとします。しかし、サービスでは、B社が新しく始めたサービスが魅力。SIMの中の通信事業者の情報を、書き換えてくれれば対応ができるのに、と思いませんか。

その通りなのです。

特定のSIMカードしか使えない状態を「SIMロック」と言います。
実は、SIMを書き換えることができる、ということは、余り知られていませんでした。しかし、スマートホンが普及するにつれて、SIMは書き換えられて当然、という認識が生まれました。
そして、政府指導で行われたのが、「SIMロック解除」。ユーザーの申告に伴い、通信事業者を書き換えるサービスは、2015年5月に、通信事業者に義務付けられました。

政府が動いた理由の中に、MVNOサービスを発展させよう、という考えも含まれています。MVNO
とは、"Mobile Virtual Network Operator" の略で、"仮想移動体通信事業者" の意味です。

画像: SIMロックとは?

MVNOとは? 

MVNOは、大手携帯会社の基地局や回線などの通信サービスを借りて、大手携帯会社よりも安い独自の料金設定でサービスを提供します。いわゆる「格安スマホ」と言われるモノです。これは、既設の施設を使用するので、通常より「安くできる」というわけです。

政府としては、SIMロック解除で、MVNOの基盤を作ることにより参入者が増える、価格競争が起こる、大容量が安く使えるようになる、そして日本のブロードバンド化が進むと考えたのです。

これは、同じ走電性をいろいろな業者が使える、新電力と同じ考え方です。が、電力と同様に、まだ十分とは言えません。日本国民は、かなり追い詰められるまで、我慢を重ねる保守的なところもあります(一説には、和を乱さないために、保守的になったとも言われてます…)。

SIMフリーとは? 

MVNOで使われるのは、どの通信事業者でも自由に選べる状態になっているSIMカードです。通信事業者を限定していない「SIMロック」がかかっていない状態の端末を「SIMフリー」と呼びます。通信規格が合い、国内で使用する認証を取得している機器であれば、通信事業者を問わず利用できるのですが、そのためにはSIMフリーの端末と、どの通信事業者でも自由に選べる状態になっているSIMカードが必要です。

クラウドSIMとは? 

というように、グローバル時代と言いながら、「どこでも」「自由に」つながるのは、なかなか大変です。

日本は島国なうえ、人が行くところは基本、決まっています。
その範囲を、ドコモ、au、ソフトバンクが三重に覆っているようなものですから、基本的にどこでもつながります。昨年、尾瀬沼に行きましたが、そこでもつながりました(自然破壊せずに、利便性を高めるため、設置までに並々ならぬ、努力があったようですが…)。

しかし、これは日本の事情。海外では別です。

例えば、ドイツ国境近くに住んでいるとします。
当然、スマホはドイツで使えるモノを使っています。ところが、ケチなドイツ人。オランダの方がガソリンが安いとなると、国境を越えて、買いに出かけます。さて通信は…。

それでも二ヶ国間だけだと、それなりの対応を考えることはできますが、ヨーロッパは極小国がいっぱいあります。こうなると、真の「どこでも」「自由に」つながるスマホが欲しくなります。

そこで考えられたのが、クラウド上にある多種類のSIMの中から最適なのモノを使う、「クラウドSIM」というシステムです。これは非常に便利です。

実機だと、逐一SIMを差し替えるか、書き換えるかしなければなりませんが、ビッグデーターを扱うのが得意なクラウド上だと、どんなに多くのSIMがあっても問題ありません。

MAYA SYSTEM(マヤシステム)のクラウドSIMをチェック! 

日本で、この「クラウドSIM」を普及させようと頑張っているのが、MAYA SYSTEM(マヤシステム)です。マヤシステムが提供しているスマートフォン「クラウドSIM」対応2号機「Jetfon P6」(2019年5月発売)で、「クラウドSIM」の実際を体験してみました。

「クラウドSIM」は、スマホアプリの一つ、「GlocalMe Connect」で使われます。要するに、ネット上に仮想のスマートフォンを作り、状況に応じ最適なSIMを差し込み、つなげようという発想です。

まず、Jetfon P6は、SIMスロットを2つ持っています。この内、1つには「GlocalMe」と表示されたカードが入れられていました。

ただ、この様に表示はされるモノの、「GlocalMe」はアプリですから物理的なSIMカードは必要ありません。

画像: SIMスロットには、GlovalMe用のカードが入っている

SIMスロットには、GlovalMe用のカードが入っている

スィッチ・オンして、まず始めるのは「設定」です。
スマホを設定した人ならお分かりのことと思いますが、設定は、基本的にネットにつながっていなければできません。P6も同様です。
しかも、アプリの設定が終わるまで、P6はクラウドSIMの能力を発揮してくれません。

このため、1号機は、設定のために1号機を抱え、ネット環境を求めてウロウロした人がいたそうです。

2号機であるP6は、その所が改良されています。周りにネット環境がなくても、数分はネットにつなぐことができます。この間に、「GlocalMe Connect」をセットしてあげれば、それ以降はネットとつながることができるため、後はゆっくりセットできます。

実際にやってみると、Android OSが何度も「OSの設定もして!」と言ってきます。が、耳を貸してはいけません。とにかく、GlocalMe Connectのセットに邁進することです。OSセットを並行して行うと、何度も通信をつなぎ直すことになります。経験者(バカなことをしたものです)が語っているのですから、間違いはありません。

慌てなくても大丈夫。ちょっと面倒臭いですが、何度でもつなぎ直すことが可能ですから。焦らず着実に対応すればイイだけの話です。そして、つながったところで「必要なデーター量」を買います。

画像: 電波の強弱も、アンテナではなくてGlocalMeのアイコン。

電波の強弱も、アンテナではなくてGlocalMeのアイコン。

あとは、使えばイイだけなのですが、ここでもうれしいことがあります。それは通信速度制限がないことです。

私は仕事で、動画も含めネットを使いまくります。通信量は、150GB/月以上のことも多いです。
このため、ある通信会社の無制限使用で契約しているのですが、それでも1日でスゴい量を使うと、通信速度制限が適用されます。
要するに、使いすぎた人のデータ通信速度を遅くするのです。これが見事に遅い。サイトひとつ描写するのに、1分以上掛かります。そうなると、もはや仕事になりません。
クラウドSIMにはそういったことがないのは、大きなメリットです。

ただそれは契約容量あっての話。契約容量を使い切れば、当然低速になります。しかし、容量を契約してやれば元の通り。これが大人の対応ってものでしょう。

まとめ 

クラウドSIMは、日本では恩恵が分かりにくいですが、海外でいろいろなところへ行き始めると、すごくメリットが大きいです。

今回試した「Jetfon P6」はクラウドSIMの入門機といえるスマートフォンで、1万6800円(税抜)と格安です。スマートフォンとしては、通信に注力したモデルだからです。しかも「月々の基本料金は、0円」。買ったデータ量だけに加算される仕組みです。
380円で300MBが基本です。動画、大容量静止画、インターネットサーフィンで使い込まない限り、300MBというのは、それなりに使える容量です。

尚、この価格は日本での話、国によって料金は若干違います。もし行き先の料金が高い場合は、日本で大容量契約。そうするとスゴーク安心です。

使い方はいろいろなパターンがありますが、例えば、国内はドコモなどの大手と契約し、iPhone。時たま行く海外は、モバイルルーターとして、P6を使い、テザリングでiPhoneを使う組み合わせなどはどうでしょうか。お気に入りの端末がそのまま使える上、全然手間が掛かりません。

令和の新時代、ますます海外に行く機会が増えると思いますが、そんな時、是非、傍らにいて欲しい相棒です。クラウドSIM。結構使えますぞ!

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オ
フィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があ
り、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.