【Androidスマホ】ケータイ打ちへの切り替え方 Google純正の「Gboard」アプリを入れよう

ガジェット

スマホで文字を打つのが遅くてお悩みなら、「フリック入力」がおすすめ。慣れたらとても速く入力できるようになる。また、スマホのキーボードは、パソコンスタイル(QWERTY式)へも切り替えが可能。自分に合った入力方法を見つけよう。

<疑問と悩み>
文字を打つときの「フリック入力」が難しい

⇒⇒軽く上下左右に弾くようにすればOK。ケータイ打ちも可能

スマホ独自の入力方法として、12キーを画面に表示させて行う「フリック入力」がある。これは、「あ」に触れると「あ」、「あ」から左に軽く弾くと「い」、上に弾くと「う」、右に弾くと「え」、下に弾くと「お」という操作になる。確かに、慣れないと難しく感じる入力方法だが、前の項目でも書いたように、指の腹で軽く「あ」に触れ、そのまま軽く上下左右に弾けば大丈夫。慣れればとても速く入力できるようになる。

なお、スマホのキーボードは、入力方式の切り替えが可能。iPhoneでもAndroidでも、フリック入力の12キースタイルと、パソコンスタイル(QWERTY式)があるので、「キーボード」設定で好みのものを追加すればいい。また、12キーはフリックだけでなく、設定によってケータイのように「あ」を3回押して「う」を入力するスタイルも使える。

フリック入力が基本で、ほかの入力方法も選べる

iPhoneもAndroidも、文字を打つときは12キーでのフリック入力が基本(左)。iPhoneは「設定」で、キーボードを追加可能だ(右)。

Androidは、Google純正の「Gboard」アプリを入れれば、ケータイ打ちに対応できる。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェットスマホ知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース