Windows10になって標準ブラウザーが「InternetExplorer」から「Edge」に変更された。Edgeの検索結果は、マイクロソフトが提供する「Edge」から「Google」に変更することが可能だ。

なじみがないブラウザー「Edge」を設定変更で使いやすくする

●検索エンジンを「Bing」から「Google」に変更

ご存じのように、Windows10になって標準プラウザーが「InternetExplorer」から「Edge」に変更された。しかし「Edge」の評判は芳しくない。とはいえ、変更の主たる理由が十分なセキュリティ確保のためなので、「InternetExplorer」を使い続けるわけにもいかない。この機会に別のブラウザーに乗り替えてもいいが、せっかくなので「Edge」も使いやすくしておこう。

その一つが、画面上部の「検索またはアドレス入力欄」。ここで検索すると、マイクロソフトが提供する「Bing」での検索結果が出るが、これを「Google」に変えることが可能だ。わざわざGoogleの検索ページを開かなくてもいいので、特にGoogle派の人におすすめしたい。

画像: 「Edge」で「Google」の検索ページを開き、右上の「…」から「設定」を選ぶ。次の画面を下にスクロールして「詳細設定を表示」を押す。

「Edge」で「Google」の検索ページを開き、右上の「…」から「設定」を選ぶ。次の画面を下にスクロールして「詳細設定を表示」を押す。

画像: 「詳細設定」画面をスクロールして「検索エンジンの変更」を押す。「Google検索(自動検出)」を選び、「既定値として設定する」を押す。

「詳細設定」画面をスクロールして「検索エンジンの変更」を押す。「Google検索(自動検出)」を選び、「既定値として設定する」を押す。

解説/下島朗(エントラータ)

This article is a sponsored article by
''.