Windows7は、2020年1月14日をもって「延長サポート」が終了する。OSのサポートが完全に終わると、アプリや周辺機器が動作対象外に、そしてパソコン本体も修理や相談窓口などの受付を終了させる場合がほとんど。サポート終了後は「セキュリティ更新プログラム」の配信が止まり、不正アクセスに対して無防備になってしまう。不正アクセスを防ぐには「Windows10」に乗り替えるのが最善だ。ここではWindows7からWindows10へ乗り換える方法を解説する。

はじめに

乗り替え作業は意外に時間がかかる場合もあるので
余裕をもってスタートしよう

●あと半年で7は使えなくなる

約10年の長きにわたって多くの人に使われてきたWindows7が、ついに終焉の時を迎えようとしている。仕様変更や機能追加などの主要サポートが提供される「メインストリームサポート」は、すでに2015年で打ち切られているが、ついに2020年1月14日をもって「延長サポート」も終了。いまだに7を使い続けている人は少なくないだろうが、このまま使い続けられる期間は、およそ半年しかない。OSの乗り替えには、ユーザーによっていくつかの選択肢があるほか、アプリやデータの引っ越しなどの作業を伴う場合もある。それなりに時間もかかるので、そろそろ本腰を入れ始めたほうがいいだろう。

■Windowsの歴代バージョンとサポート期限

画像: ■Windowsの歴代バージョンとサポート期限

●なぜ使い続けることができないのか

一般にOSのサポートが完全に終わると、アプリや周辺機器が動作対象外として徐々に切り捨てられていく。さらに、パソコン本体もOSのサポート終了をもって、修理や相談窓口などの受付を終了させる場合がほとんどだ。サポート終了後も7を使い続けようと考える人も、中にはいるかもしれないが、それこそビギナーが陥りがちな大きな罠だといえる。
確かにサポートが切れても、パソコンが起動できなくなるわけではない。一見、7のままで支障ないようだが、それはもちろん誤り。なぜなら、サポート終了後は「セキュリティ更新プログラム」の配信が止まり、不正アクセスに対して無防備になってしまうからだ。
例えば、盗んだデータと引き替えに金銭を要求されたり、個人情報が流出したりなど、被害に遭った際のダメージは計り知れない。さらに、自分のパソコンが踏み台にされて、意図せずサイバー犯罪に加担してしまうおそれもある。

7のままパソコンを使い続けるといろいろなリスクがある!

画像: OSサポートの切れた7パソコンは、不正アクセスの格好の標的。自身が被害に遭うだけでなく、ウイルス拡散やデータ窃盗などの踏み台として利用される場合もある。

OSサポートの切れた7パソコンは、不正アクセスの格好の標的。自身が被害に遭うだけでなく、ウイルス拡散やデータ窃盗などの踏み台として利用される場合もある。

こうした恐ろしい不正アクセスを防ぐには、やはり最新OSである「Windows10」に乗り替えるのが最善。10なら最新のセキュリティ更新プログラムを自動適用してくれるので、セキュリティ対策も万全だ。
中には使っているOSバージョンがわからなくて、やむなく後手に回っている人もいるかもしれないが、そんなときはまず「コントロールパネル」の「システム」をチェックしてみよう。もし、OSのバーションが「Windows7」だったら、近いうちに10への乗り替え作業を始めるしかない。約半年の間に、OSのアップグレードやマシンの買い替え、引っ越しが必要なデータの洗い出しなど、さまざまな選択肢を余裕をもって検討できるはずだ。

自分のパソコンのWindowsのバージョンを確認しよう

画像: まず、「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」→「システム」をクリック。

まず、「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」→「システム」をクリック。

画像: 使用中のOSバージョンは「Windows Edition」の項目から確認可能。なお、7には「Home Basic」「Professional」など、全6種のエディションがある。

使用中のOSバージョンは「Windows Edition」の項目から確認可能。なお、7には「Home Basic」「Professional」など、全6種のエディションがある。

4つのステップで完璧!
Windows7→10「乗り換え案内」

  • Step1まずは、自分にとってのベストな選択肢を見極めよう
  • Step2大事なデータはこうやってバックアップ、引っ越ししよう
  • Step3手持ちのパソコンで10が快適に動作するか確認しよう
  • Step410のライセンス認証を確認して必要な手続きを行おう

Step1】まずは、自分にとってのベストな選択肢を見極めよう

意外に感じるかもしれないが、Windows10のスペック要件は、CPUが1Gヘルツ以上、メモリーは1Gバイト以上など、実は7とほとんど変わりない。つまり、7が動作しているパソコンなら、10もとりあえず利用できる可能性は高いということだ。

したがって、手持ちの7パソコンが10のシステム要件を満たすなら、最安で約2万円ほどのコストで10の環境を入手できる。
アップグレードではアプリや個人データなどを引き継げる、いわゆる「上書きインストール」のほか、ストレージをフォーマットしたうえでの「クリーンインストール」も選択できる。おすすめは手間のかからない上書きインストールだが、初期状態からOS環境を構築したい場合などはクリーンインストールを利用してもいい。

Windows10へのアップグレードには最低2万円程度のコストがかかる

マイクロソフト
Windows10 HOME
(1万8770円・USBメモリー版)

画像: 7パソコンのアップグレードに欠かせないのが、10のパッケージ。エディションによって価格や機能が異なるが、最安は2万円弱の「HOME」だ。

7パソコンのアップグレードに欠かせないのが、10のパッケージ。エディションによって価格や機能が異なるが、最安は2万円弱の「HOME」だ。

ただし、アップグレードがいくら安上がりとはいえ、7のリリース当時と比べれば、現在のパソコンは段違いにスペックアップしている。10の真価をフルに味わいたいのなら、最新のパソコンを利用することも考えよう。そのぶん出費はかさむが、アップグレードでの場合でも、OS代として約2万円のコストはかかるのだから、そこに数万円を追加して、エントリークラスのパソコンを購入するのも悪くない選択だ。そのあたりも考慮しつつ、検討してほしい。

【最新】Windowsパソコン12選 タイプ別おすすめはコレ!

現状のマシンを使い続けることができるかどうかが大きな分かれ目

選択肢 ❶
アプリやデータを引き継いでアップグレードする

画像: アプリやデータを残したまま10をインストール可能。最もめんどうのない方法だが、パソコンのスペックによっては10が快適に動作しない可能性もある。

アプリやデータを残したまま10をインストール可能。最もめんどうのない方法だが、パソコンのスペックによっては10が快適に動作しない可能性もある。

選択肢❷
クリーンインストールしてアプリやデータを入れ直す

画像: クリーンインストールを実行すると、ストレージが消去されて初期状態の10が導入される。当然、アプリやデータは自分で入れ直さなければならない。

クリーンインストールを実行すると、ストレージが消去されて初期状態の10が導入される。当然、アプリやデータは自分で入れ直さなければならない。

選択肢❸
10パソコンを入手してアプリやデータを引っ越す

画像: スペック面を重視するなら、最新の10パソコンを手に入れるのがおすすめ。ただし、アプリやデータなどは7パソコンから移行する必要がある。

スペック面を重視するなら、最新の10パソコンを手に入れるのがおすすめ。ただし、アプリやデータなどは7パソコンから移行する必要がある。

This article is a sponsored article by
''.