【Oculus Quest(オキュラスクエスト)とは】PCもカメラも不要の完全一体型VRヘッドセット

ガジェット

2018年9月にアメリカで発表、大きな話題を読んだ6DoF(頭の傾きや回転、上下・左右・前後の体の動きに対応)一体型VRシステム「オキュラス クエスト」。その国内発売がスタート。高解像度の有機ELで視界もクリア。何よりパソコンやカメラ、ケーブルに縛られない解放感は快適そのものだ。

パソコンもカメラも不要の完全一体型!6DoF対応の最新VRの国内発売が開始

昨年の9月にアメリカで発表され、大きな話題を読んだ6DoF(頭の傾きや回転、上下・左右・前後の体の動きに対応)一体型VRシステム「オキュラス クエスト」。その国内発売がスタートした。

編集部でも、早速この最新VRを試してみたが、その没入感は、確かに従来のシステムとは一線を画す出来。高解像度の有機ELディスプレイで視界はクリア。

オキュラス
オキュラス クエスト
標準価格(税、送料込み):4万9800円(64GB)、6万2800円(128GB)

高解像度の有機ELで視界もクリア

●ディスプレイ:1440ドット×1600ドット有機EL×2枚●ストレージ:64GB/128GB●バッテリー:リチウムイオン(本体)、単3電池×1(コントローラー)●サイズ:幅222mm×高さ105mm×奥行き193mm●重量:571g

右手用、左手用のコントローラー2台が付属。立体的な音声を流すスピーカーもヘッドセットに内蔵。

何よりパソコンやカメラ、ケーブルに縛られない解放感は快適そのもの。特に、フロアを動き回るスポーツゲームなどは、しっかり汗をかけるくらい集中して楽しむことができた。

接続ケーブルなどは一切使わないので、場所を選ばず開放的なVRが楽しめる。それでいて、解像度も高く、前後左右の体の動きまで忠実に反応する。

ゲーム系はまだ、英語版のアプリが中心となるが、ネットのVR映像なども楽しめるので、VR好きなら買っても後悔のない一台といえそうだ。

●サイトURL

※価格は記事作成時のものです。
文/特選街編集部

ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース