エアコンやIHヒーターには、大きな電圧を必要とするため、通常の100ボルト製品を差せないように、特殊な形状をした200ボルトの電源を採用している。アース付きの三つ穴タイプのものが多いのでチェックしてみよう。ちなみに、200ボルト家電の電気料金が高いということはない。

<通信・電源の選び方&使い方のギモン>
200ボルト電源対応って、普通のとどう違う?

⇒⇒エアコン、IHヒーターなどに使う専用形状のコンセント

大きな電圧を必要とする大型のエアコンやIHヒーターは、100ボルトで動かせないため、200ボルトの電源を採用する。

アース付きの三つ穴タイプが多い

画像: パワーが必要な家電は200ボルト仕様のものが増えている。200ボルト家電の電気料金が高いということもない。

パワーが必要な家電は200ボルト仕様のものが増えている。200ボルト家電の電気料金が高いということもない。

コンセントも、200ボルト対応が必要となる。200ボルトのコンセントは、誤って100ボルト製品を差せないよう専用の形状になっており、電器店に依頼すれば工事で追加できる。

文/福多利夫(フリーライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.