ライカカメラジャパンが、コンパクトデジタルカメラの最新モデル「ライカ V-LUX 5」を発売。新開発の大型MOSセンサー(1.0型、有効2010万画素)と光学16倍の高倍率ズームレンズ(35ミリ判換算で25~400ミリ)を搭載しているのが特徴。有機EL電子ビューファインダー、光学式手ブレ補正機構、4K動画撮影機能なども装備している。

ライカカメラ
ライカ V-LUX 5

大型センサーと高倍率ズームを搭載した高性能コンパクトカメラ

●発売日:7月下旬
●価格:18万9000円

画像1: 大型センサーと高倍率ズームを搭載した高性能コンパクトカメラ

ライカカメラジャパンが、コンパクトデジタルカメラの最新モデル「ライカ V-LUX 5」を発売した。新開発の大型MOSセンサー(1.0型、有効2010万画素)と光学16倍の高倍率ズームレンズ(35ミリ判換算で25~400ミリ)を搭載しているのが特徴で、さまざまなシーンで高精細な写真を撮ることができる。

画像2: 大型センサーと高倍率ズームを搭載した高性能コンパクトカメラ

合焦時間約0.1秒の高速AFと最大12コマ/秒の高速連写も実現しているから、決定的瞬間を逃さずとらえることが可能だ。ほかに、有機EL電子ビューファインダー、光学式手ブレ補正機構、4K動画撮影機能なども装備している。

画像3: 大型センサーと高倍率ズームを搭載した高性能コンパクトカメラ

●問い合わせ先:ライカカメラジャパン 0120-03-5508

This article is a sponsored article by
''.