LINEには、登録している友だちと音声通話をしたり、ビデオ通話をしたりできる機能がある。どちらも使い方は簡単。さらに、「LINE OutFree(アウトフリー)」のような、動画の広告を見ることを条件に1日5回まで携帯電話や固定電話に無料で発信できるサービスもある。

<疑問と悩み>
無料通話/ビデオ通話のやり方がわからない!

LINEには、LINEでつながっている友だちと音声通話をしたり、ビデオ通話をしたりできる機能がある。どちらも使い方は簡単で、LINEの「ホーム画面」で友だちリストを表示させて、通話したい友だちを選択。「無料通話」または「ビデオ通話」をタップすると発信できる。インターネット回線を利用する通話なので、通話音質は通信速度に依存するが、著しく速度が遅い場合を除けば、相手の声が聞こえづらいということはないはずだ。

無料通話、ビデオ通話ともに通話料は不要で、使用したデータ量だけがデータ通信量の課金対象となる。つまり、Wi-Fi接続時に使うと無料と考えていいだろう。

さらに、動画の広告を見ることを条件に1日5回まで携帯電話や固定電話に無料で発信できる「LINE OutFree」というサービスも利用可能。「ホーム」画面の「サービス」→「その他サービス」から起動できる。

●トークから通話に切り替えることも可能

❶トークルーム画面からでも右上に表示される受話器のアイコンをタップすれば、「無料通話」または「ビデオ通話」を選択して発信できる。

画像1: ●トークから通話に切り替えることも可能

❷「無料通話」の通話中の画面。音声をミュートしたり、スピーカーホンに切り替えたりなど、スマホの「電話」アプリと同じ感覚で使える。

画像2: ●トークから通話に切り替えることも可能

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.