オーディオテクニカの「AT-LP60X」は、再生から停止までフルオートで行うレコードプレーヤーに入門機だ。また、ティアック「TN-3B」(ベルトドライブ式)は、高級なナイフエッジ型S字トーンアーム付きの繊細な機構を持つ本格派プレーヤーだが初心者でも楽しめる。

初めてのレコードプレーヤーは「針付き」「フォノイコ付き」を選ぶべし!

買ってきてすぐに楽しめるのがいい!

レコードプレーヤーは、カスタム性が高い。そのためトーンアームやカートリッジ、フォノイコライザーなどが別売になってしまう製品も多いので、注意が必要。入門者は、買ってきてすぐに楽しめる「針付き」「フォノイコライザー付き」の製品を選ぶようにしたい。

最近の製品としては、ティアックTN-3Bや、オーディオテクニカAT-LP60Xがおすすめ。どちらもMM(VM)カートリッジとフォノイコライザー付きだ。

前者はベルトドライブ式で、高級なナイフエッジ型S字トーンアーム付き。後者はフルオート式のベーシックモデル(ベルトドライブ式)で、スタートボタンを押すだけでレコードの再生・停止を行えるのが魅力だ。

繊細な機構を持つ本格派プレーヤー

ティアック
TN-3B
実売価格例: 5万9180円

画像: 繊細な機構を持つトーンアームやカウンターウエイトなどを装備するベルトドライブモデル。VM型カートリッジを付属。

繊細な機構を持つトーンアームやカウンターウエイトなどを装備するベルトドライブモデル。VM型カートリッジを付属。

気軽にレコードを楽しめる入門機

オーディオテクニカ
AT-LP60X
実売価格例: 1万2430円

画像: 再生から停止までフルオートで行う初心者向けモデル。VM型カートリッジ付属。ベルトドライブ式。

再生から停止までフルオートで行う初心者向けモデル。VM型カートリッジ付属。ベルトドライブ式。

※執筆時が2019年9月のため、製品の「実売価格例」は、消費税8%込みの額を表記しています。ご了承ください。

解説/林正儀(AV評論家)

This article is a sponsored article by
''.