幼い子どもにとって長靴は、自分の力で簡単に履ける特別な靴。また、水たまりをバシャバシャ歩いても、お母さんに怒られない魔法の靴でもある。通園通学にも欠かせない。機能的であるのはもちろん、おしゃれで目立つ長靴を選びたい。そこで、幼稚園児と小学生の子どもがいる現役ママに人気の長靴を調査。筆者の周囲でも選ばれているブランドの中から、スタンプル、ムーンスター、イフミー、こどもビームス、クロックス、など15ブランドを紹介する。【2022年6月10日更新】

子どもの長靴の選び方

意外と出番が多い長靴

大人にとっての長靴は、雨がたくさん降っている時だけに登場するもの。しかし、子どもにとってはそうではない。雨の日はもちろん、雨が降った後の水たまりがある日、雪の日、霜が降りて土がぬかるんでいる日、幼稚園や保育園での水遊びや芋ほりの日。筆者の子どもは2歳頃、長靴が大好きで、天気に関係なく、毎日履いて出かける時期が2.3か月続いた。そのため、子どもの月齢や、快適性も重視して商品を検討したい。

サイズは大きすぎずないように

足のサイズのプラス1cmが目安

足のサイズより、1cm程度大きめのサイズがおすすめだ。
スニーカーが0.5cm程度大きめを選ぶのに対して、それよりも1段階大きいサイズが良い。あまり履かないからもっと大きめサイズを買いたい気持ちにもなるが、それ以上大きい長靴は、子供にとっては、歩きにくく危険だ。

特に、1.2歳児には、プラス1cmでも大き過ぎるかもしれない。筆者の子どもが1才の時は、せっかく長靴を履いても、すぐに足がスポッと抜けてしまい、気づけば靴下で歩いている場面が何度もあった。結局サイズダウンして買いなおし、スニーカーと同じサイズの長靴を履いていた。あまりにブカブカしていたら、中敷き(インソール)で調整できる、ということも覚えておきたい。

甲の高さにも気を付けて

スニーカーと違い、長靴のデザインによって甲の高さが合わないということもある。筆者の子どもも、足の甲があたって痛いと言ったレインブーツがあった。試着しないで購入する人も多いかもしれないが、レインブーツも試し履きをおすすめしたい。

年齢によって変えたい筒高(丈)

活発な3歳以上は、ミドル丈がおすすめ

長靴の丈も重要で、足首の上までのショート丈だと、着脱しやすいというメリットがある一方、水たまりに入れば、靴下までビショビショに濡れてしまい、何のための長靴?なんて思うことも。ひざ下までのロング丈だと、幼児では一人での着脱が難しく、長靴自体も重い場合がある。そこで、活動的な3歳児くらいになると着脱と機能性のバランスがとれたミドル丈を選ぶママが多い。

小学生は、学校の下駄箱の高さに注意

小学生になると、下駄箱に入らないという理由で長靴を履かない子どもが急に増える。折りたたんで無理やり入れると、長靴が倒れて隣の子の靴が濡れて迷惑がかかることも。そこで新しく購入する際に、気を付けたいのが筒高(丈)だ。筆者の小学生の子どもが履いている長靴の筒高さは19.5センチ。下駄箱に立てた状態で、ぎりぎり入る丈だ。学校によっても下駄箱のサイズが違うので、保護者会や学校公開の時に、一度確認してみてはいかがだろうか。



This article is a sponsored article by
''.