大手キャリアは家族でまとめると割安。家族の範囲が各社異なる点に注意が必要だ。大手キャリアの料金プランは、家族で複数回線を持つことで、割引が適用される。1回線ずつ使っていると損をしてしまうため、家族だけでなく、親族に同じキャリアのユーザーがいないかを確認しておくようにしたい。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
キャリアの家族割

大手キャリアは家族でまとめると割安。家族の範囲が各社異なる点に注意

大手キャリアの料金プランは、家族で複数回線を持つことで、割引が適用される。1回線ずつ使っていると損をしてしまうため、家族だけでなく、親族に同じキャリアのユーザーがいないかを確認しておくようにしたい。

ドコモ、auは3名で1980円が可能

ドコモは、新料金プランの「ギガホ」「ギガライト」を対象にした「みんなドコモ割」を用意している。2回線で500円、3回線で1000円の割引を受けられるシンプルなサービスだ。ギガライトの場合、みんなドコモ割が適用されると、最低1980円〜になる。
1Gバイト未満と通信容量に制約はあるものの、格安スマホと比べても遜色ない料金で、とりあえずスマホを維持しておきたいユーザーにはおすすめできる。ドコモでは、"家族"の定義が緩く、3親等以内が対象で、しかも同居している必要もない。親族をたどっていき、二人のドコモユーザーを探せば割引額が最大になる。

auも2019年10月1日から、ドコモやソフトバンクに対抗する形で「家族割プラス」を導入した。1回線で500円、2回線で1000円という金額はドコモと同じだが、「auデータMAXプラン Netflixパック」のみ、回線数を問わず、割引額は1000円になる。適用されると最低1980円〜になる。割引の対象は、「auスマートバリューグループ」か同居家族で、対象となる料金プランも分離プランだけになる。

ソフトバンクは、2名から4名までの家族が「みんな家族割+」の対象になり、2名で合計500円、3名で合計1500円、4名で合計2000円の割引を受けられる。家族の定義が広いのも特徴だ。離れて住む親戚、同居中の恋人やシェアハウスの仲間も対象なる。ただし、対象となるのはウルトラギガモンスター+などだけ。ミニモンスターなどを契約しているユーザーも家族としてカウントされるが、料金割引の対象にならない点は注意。

各社の家族割引プランの比較

割引プラン名(家族の範囲)2名3名以上
ドコモみんなドコモ割
同一「ファミリー割引」グループ内。
「ファミリー割引」は3親等以内で可。
500円割引各1000円割引
au家族割プラス
同一住所の家族。
500円割引
「auデータMAXプラン Netflixパック」
は1000円引き。
「auフラットプラン25 NetflixパックN」、
「auフラットプラン20N」は割引なし
各1000円割引
「auフラットプラン25 NetflixパックN」、
「auフラットプラン20N」は割引なし
ソフトバンクみんな家族割+
同居している人、家族・親戚は
別居でも可。
500円割引
「ミニモンスター」は割引なし
3名:各1500円割引
4名:各2000円割引
「ミニモンスター」は割引なし

※金額はすべて税別

解説/石野純也(ITジャーナリスト)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.