いわゆるガラケーと呼ばれる従来型携帯電話は、多くが3Gのため、数年で使えなくなってしまう可能性がある。Androidベースの4G対応ケータイもあるが、これも2020年3月ごろにはLINEのプッシュ通知が利用できなくなる予定だ。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
ガラケースマホ以降

そろそろガラケーからスマホにしたいなら、今が絶好のチャンスだ!

キャリア各社の3Gケータイサービスが終了に向かっている。
ドコモは、2026年3月末で、FOMA(フォーマ)とiモードを終了させる。

auはそれより4年早く、2022年3月末に3Gを打ち切る予定だ。

ソフトバンクはスケジュールを明かしていないが、現状は4Gでほぼ全国をカバーしており、時間の問題だ。

いわゆるガラケーと呼ばれる従来型携帯電話は、多くが3Gのため、数年で使えなくなってしまう可能性がある。

Androidベースの4G対応ケータイもあるが、これも2020年3月ごろにはLINEのプッシュ通知が利用できなくなる予定。メッセージサービスやネットなどを頻繁に使うようであれば、スマホに乗り替えたほうがいい。

各社とも条件付きで月額980円を実現

各社とも、スマホへの移行には力を入れており、ガラケーからのユーザーは、料金的にも優遇されている。

例えばドコモは、ガラケーから移行するユーザー向けに、「はじめてスマホ購入サポート」を実施しており、端末代が最大2万円割り引かれる。料金も、「はじめてスマホ割」が適用される(3Gのガラケーを18ヵ月間以上利用している場合)ため、12ヵ月間、1000円の割引を受けられる。「ギガライト」プランで、月のデータ使用量を1Gバイト未満に抑えられれば、家族3人で契約している場合、料金は980円〜になる。

また、60歳以上なら「おしゃべり割60」の対象にもなる。こちらは12ヵ月間、通話定額オプションの料金が、700円割引になるというもの。「5分通話無料オプション」が無料になるというわけだ。

auには「ケータイ→auスマホ割」が、ソフトバンクには「スマホデビュープラン」があり、料金はドコモと同様、12ヵ月間、980円〜になる。

365日無料で問い合わせ可能

シャープ
らくらくスマートフォン me
実売価格例:4万1184円

販売:ドコモ
ディスプレイ:4.7型 有機EL
メインカメラ:1310万画素

画像: 押し込むと反応するタッチパネルを搭載し、初心者でも確実に操作できる。365日無料で問い合わせできる「らくらくホンセンター」も用意。

押し込むと反応するタッチパネルを搭載し、初心者でも確実に操作できる。365日無料で問い合わせできる「らくらくホンセンター」も用意。

各社のケータイ→スマホ乗り替えプランの比較

割引プラン名(家族の範囲)月額料金条件など
ドコモはじめてスマホ割980円~
みんなドコモ割、3回線以上利用時
※13カ月め以降は1980円~
FOMAの指定料金プランから
「ギガホ」「ギガホライト」への変更。
または、他社ケータイからのMNP
auケータイ→auスマホ割980円~
「新auピタットプランN」、
「auスマートバリュー」加入時
※13カ月め以降は1980円
ケータイからスマホへの
乗り替え(機種変更またはMNP)。
「新auピタットプランN」加入。
ソフトバンクスマホデビュープラン980円
2カ月めから13カ月め
※14カ月め以降は1980円
ケータイからスマホへの
乗り替え(機種変更またはMNP)。
5分以内の音声通話が無制限で、
データは1Gバイトまで

シニア向けの端末や、2万円を下回る廉価モデルも増えており、期間限定だが980円でスマホを維持できるため、スマホデビューには今が絶好のチャンスなのだ。

※金額はすべて税別

解説/石野純也(ITジャーナリスト)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.