LINE PayにはLINE Pay専用アプリもあるが、トークや無料通話ができるおなじみの「LINE」アプリの「ウォレット」タブから利用するのが一般的だ。大きな特徴は、チャージできる金額が最低100円であること。これは、ほかにはないサービスだ。

LINEユーザーなら導入は簡単。少額のチャージも可能

LINE PayにはLINE Pay専用アプリもあるが、トークや無料通話ができるおなじみの「LINE」アプリの「ウォレット」タブから利用するのが一般的。そのため、ふだんからLINEを利用している人は、アプリのインストールもユーザー登録も不要。LINE Payも含め、各種サービスが一つのアプリで利用できるようになっているわけだ。

既存のLINEユーザーが、LINE Payを利用したいと思ったら、LINEの「ウォレット」タブから銀行口座やクレジットカードを登録すれば、即座にスマホ決済を始められる。

■LINE PayはLINEアプリで利用
ユーザー登録は不要

既存のLINEユーザーなら、新規登録は不要。LINEアプリの「ウォレット」で金融機関を登録すれば、すぐに使える。

画像1: LINEユーザーなら導入は簡単。少額のチャージも可能

■チャージする銀行を選択
LINE Payの残高をチャージする手段は数々あるが、やはり基本は銀行口座から。対応銀行は多いので困ることはないだろう。

画像2: LINEユーザーなら導入は簡単。少額のチャージも可能

LINE Payの残高チャージには、金融機関のほかに、LINEのゲームをプレーしたり、LINEショッピングなどのサービスを利用したりすることでたまるLINEポイントも使える。LINE Payの前月利用実績による還元率のスライドもあり、LINEのヘビーユーザーほど、LINE Payでもお得になるシステムとなっている。

LINE Pay以外のスマホ決済サービスでは、チャージは1000円単位となっているが、LINEは若いユーザーが多いためか、100円からチャージ可能というのも大きな特徴。その場で買いたいものに近い金額のチャージができるのは、大きな残高を残したくない人にはうれしいことだ。

■残高にチャージ
チャージできる金額が最低100円からというのが、ほかのサービスにはないLINE Payの大きな特徴だ。

画像3: LINEユーザーなら導入は簡単。少額のチャージも可能

■決済用バーコード
コードを表示するときは、「ウォレット」タブへ移動して「コード支払い」をタップ。ユーザースキャンにも対応する。

画像4: LINEユーザーなら導入は簡単。少額のチャージも可能

LINE Payの仕様と特徴

使い方コード提示/コード読み取り
チャージ・
決済方法
前払い
銀行口座、コンビニ(Famiポート)、セブン銀行ATMなど
即時払い
LINEポイント
後払い
クレジットカード
基本還元率0.5~2.0%
利用限度額1日100万円(本人確認をしていない場合は1回10万円)

前月の利用額で還元率が変動!

10万円以上→2%
5万~10万円未満→1%
1万~5万円未満→0.8%
1万円未満→0.5%

キャッシュレス還元への対応は?

LINEボーナスで還元(残高に上乗せする形)。還元の上限額は1ヵ月に3万円分(1回当たりの上限も同額)。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.