ドコモが運営するサービスだが、ドコモの回線を契約していない人でも利用可能だ。アプリのインストール後、初回起動時にドコモユーザーは「dアカウント」でログインする。ドコモユーザー以外は、このアプリでdアカウントの新規登録を行って利用する。

決済方法の選択が実に簡単。非ドコモユーザーも使える

ドコモが運営するサービスだが、ドコモの回線を契約していない人でも利用可能
アプリのインストール後、初回起動時にドコモユーザーは「dアカウント」でログインする。
ドコモユーザー以外は、アプリでdアカウントの新規登録をしよう。

■d払いアプリを導入しよう!
dアカウントを取得

ドコモユーザーは、既存のdアカウントでログイン。
それ以外のユーザーは、新規にdアカウントを発行する。

画像1: 決済方法の選択が実に簡単。非ドコモユーザーも使える

ドコモとの契約者であれば、d払いの決済でドコモの電話料金合算払いが利用できるので、これを使う人が多いようだ。後払いは、このほかにクレジットカード払いも選べる。

前払いは、各種ドコモサービス利用でためた「dポイント」と「ドコモ口座の残高」が利用できる。
ドコモ口座とは、ドコモが運営している電子マネーのこと。ドコモ口座の残高へのチャージは、アプリで登録した銀行、登録銀行以外からのPay-easy、セブン銀行ATM、コンビニのレジでできる。銀行口座の登録が完了すれば、d払いアプリの「チャージ」でチャージができる。

■ホーム画面がコード画面
d払いアプリは、ホーム画面がコード画面になっている。このアプリが「dポイントカード」を兼ねている。

画像2: 決済方法の選択が実に簡単。非ドコモユーザーも使える

■チャージは1000円単位
チャージは1000円単位で、銀行のほか「チャージ方法を切り替える」で「セブン銀行」や「コンビニ」店頭に切り替えられる。

画像3: 決済方法の選択が実に簡単。非ドコモユーザーも使える

d払いを利用する際に、口座払いクレジットカード払いにするかの選択は、アプリのホームであるコード画面でコードの下にある「支払い方法」をタップすれば、即座に切り替えることが可能。
買い物ごとに、口座かカードかを使い分けられる(ドコモ契約者は電話料金合算払いも選択肢になる)のは、自分のお金を管理するうえで便利である。

■決済方法の選択が簡単
コード表示画面の「お支払い方法」をタップすると「口座払い」と「クレジットカード払い」を即座に変更できる。ドコモ契約者だと、この画面で「電話料金合算払い」も表示される。

画像4: 決済方法の選択が実に簡単。非ドコモユーザーも使える

d払いの仕様と特徴

使い方コード提示/コード読み取り
チャージ・
決済方法
前払い
dポイント、ドコモ口座残高など
即時払い
dポイント
後払い
電話料金合算払い、クレジットカード
基本還元率0.5~1.0%
利用限度額1回5万円
(クレジットカードはカードの限度額まで)

還元率が7%も上乗せになるケースがある! 

dカードでのドコモ料金の支払い、dマガジンなどの課金サービスの利用などで、翌月のd払いの還元率が最大7%になる。

キャッシュレス還元への対応は?

dポイントで還元される。還元の上限額は1ヵ月に2万5000円分。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.