「カフェが好き」「お酒が好き」という人に朗報です。毎月のドリンク代が圧倒的にお得になるサービス、「always DRINK(オールウェイズ・ドリンク)」が都市部を中心にスタートしました。30分に1回ドリンクが無料になるという信じがたい内容で、感度が高い人の間では話題沸騰中。しかし「本当にお得になるの?」と疑問に思う人も多いはず。そこで本記事では、「always DRINK」の基本情報から利用方法まで簡潔に解説します。また「always DRINK」で注意すべき点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

「always DRINK」とは

「always DRINK」とは、定額料金でドリンクが楽しめるサブスクリプション(定額制)サービス。毎月一定の金額を支払うことで、提携店舗が用意した各ドリンクが無料になります。

また「always DRINK」のランチ版として、「always LUNCH(オールウェイズ・ランチ)」というサービスも存在。どちらも定額制のサブスクリプションサービスというビジネスモデルなのが特徴です。

「always DRINK」 の仕組み

「always DRINK」の仕組みは非常にシンプル。簡単にまとめると「毎月、定額の3,480円(税別)支払えば、提携店舗のドリンクメニューが30分に1回無料」ということになります。詳細は下記の基本情報をご覧ください。

【基本情報】

  • 定額パス代金:月額3,480円(税別)
  • 利用可能回数:30分に1回

つまり「always DRINK」の定額パスを購入すれば、最大30分に1回のペースでドリンク代が無料に。事前に3,480円(税別)支払っていますが、月換算で考えるとお得になるという魅力があります。

画像: 「always DRINK」 の仕組み

利用までの流れ

「always DRINK」を実際に利用する流れは下記の通り。

  1. 「always」(いろいろな定額サービスと出会えるショッピングモール)に登録
  2. 「always DRINK」の定額パスを購入
  3. 店舗でQRコードを読み込み、定額パスを店員に提示

基本的には「定額パスを購入」「店員にパスを提示」という流れなので、利用方法も難しくありません。

「always DRINK」 のメリット

ここでは「always DRINK」をおすすめする理由を解説します。

コーヒーからアルコール類まで用意

画像: コーヒーからアルコール類まで用意

「always DRINK」では月額3,480円(税別)支払うことで、カフェのコーヒーやハーブティー、タピオカまで楽しむことができます。さらに注目すべきはアルコール類で、店舗によってはハイボールや生ビールも用意しているのです。

つまり、ソフトドリンクやコーヒーだけでなくアルコールも楽しめるので、「普段カフェにはいかないしな」という会社員の人も活用できます。

ただ、用意されているドリンクメニューは提携店舗によって異なり、定休日など「alwaysDRINK」が利用できない場合もあるので注意してください。

月換算で圧倒的にお得になる

月額3,480円(税別)と聞くと意外に高いと感じるかもしれませんが、月換算で考えるとドリンク代が圧倒的にお得になります。

例えば会社の昼休みにカフェで休憩する場合、コーヒー1杯で約400円です。就業日数を20日とすると、20日×400円=8,000円もかかります。

また「always DRINK」ではアルコール類も含まれているので、仕事帰りに一人でお酒を楽しむときも活用可能。生ビールを1杯500円とすると、月額3,480円÷500円=約6回の利用で元が取れてしまうのです。

カフェ好きの人もお酒好きの人も得をするサービス内容ですし、金銭的に損をする可能性が低いという魅力があります。

「always DRINK」 の利用可能エリアには注意

画像: 「always DRINK」 の利用可能エリアには注意

「always DRINK」は一部地域でスタートしたサービスなので、日本全国で利用できるわけではありません。具体的に現時点(2019/12/24)での利用可能エリアは下記の通りです。

【利用可能エリア】

  • 東京
  • 大阪
  • 京都
  • 福岡

もちろん、近くに提携店舗がなければ「always DRINK」のメリットも薄くなります。「always DRINK」を無駄なく活用するためには、事前にどの店舗で利用できるかを公式サイトでチェックしておきましょう。

まとめ

今回は、毎月定額でドリンクが楽しめるサブスクリプションサービス、「alwaysDRINK」について解説しました。基本的には「always LUNCH」と仕組みは同じで、毎月3,480円(税別)支払うことで30分に1回ドリンクを無料で購入できます。

ただ利用可能エリアは東京などの都市部に集中しており、どの店舗で利用できるかのチェックは必須。月換算では圧倒的にお得になるサービス内容なので、幅広いユーザー層におすすめできます。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.