特徴は、電気や電池を使わない足踏み式で、停電時も洗濯できること。水の量も一般的な洗濯機の1/5以下(5~10リットル)で済み、使える水が限られる非常時でも安心だ。それでいて洗い・すすぎ・脱水の3工程をそれぞれしっかり行えるので、洗濯機としての機能も十分。洗い上がりまでのトータル時間も5~10分程度だ。

ここまで進んでる!防災アイテム最前線
今回は「YiREGO・Drumi(ドルーミー)

数々の被災体験を教訓に、防災用アイテムや防災システムは日々進化を遂げている。この連載では、防災関連の最新事情をクローズアップする。

ペダルを足で踏んで洗濯槽を回せる電気不要のポータブル洗濯機

災害時に、困るのが洗濯です。特に下着は、1週間もすると替えがなくなりますし、汚れたまま着用し続けるのは衛生的にも問題があります。今回取り上げるDrumi(ドルーミー)は、そんな状況で役立つポータブル洗濯機です。

最大の特徴は、電気や電池を使わない足踏み式で、停電時にも利用できること。水の量も一般的な洗濯機の1/5以下(5~10リットル)で済み、使える水が限られる非常時に最適です。それでいて洗いすすぎ脱水の3工程をそれぞれしっかり行えるので、洗濯機としての機能も十分。洗い上がりまでのトータル時間も5~10分程度ですから、短時間で洗濯を終えられるのもいいですね。一度に洗える衣類は最大2キロ。Tシャツなら6枚、ボクサーパンツなら8枚ほどを洗えます。

足踏み式なので、洗濯作業があまり苦にならないのも魅力です。手回し式の洗濯機もありますが、手回し式だと、ハンドルを回しているだけでかなり疲れてしまいます。その点、足踏み式なら、楽な姿勢で利用できるので、疲労度がまったく違います。また、両手が空きますから、何かほかのことをしながらの"ながら洗濯"だって可能です。

もちろん、少量の衣類を洗うミニ洗濯機として、ふだん使いもできます。シャツやタオル1~2枚だけを洗いたいときや、洗濯が終わったあと、入れ忘れに気づいたときなど、このDrumiがあれば、サッと対応できて便利だと思います。また、強い水流にさらしたくないデリケートな衣類を洗うのにもピッタリです。デザインがよく、見た目がかわいいのも、女性的にはうれしいですね。

YiREGO Drumi

実売価格例:5万4800円

画像: ●サイズ:幅38.1㎝×高さ50.8㎝×奥行き38.1㎝ ●重量:7.4㎏

●サイズ:幅38.1㎝×高さ50.8㎝×奥行き38.1㎝
●重量:7.4㎏

防災の心得

地震のとき、家中の物が動く! 対策はどうする?

地震で強い揺れが起こると、家具・電化製品・食器など、家中のすべての物が動き、それらの転倒・落下・破損などで、けがをしたり、身動きが取れなくなったりします。ですから、家の中の物は、できるだけ整理をしておき、特に、滞在する時間の長いリビングやダイニングには、物を極力置かないように心掛けましょう。

また、強い揺れに襲われても被害が少なくなるように、対策をしておくのも大切です。テレビや大きめの家具はしっかり壁に固定し、窓ガラスには飛散防止フィルムを貼っておきましょう。さらに、キッチン、タンスなどの引き出しや扉に、ストッパーを取り付けておけば、飛び出しや落下のリスクを大幅に減らすことができます。電話機や花瓶の下に滑り止めシートを敷く、重ねた食器に緩衝材をかませておくなども、非常時には想像以上に効果を発揮します。

画像: 地震のとき、家中の物が動く! 対策はどうする?
画像: 【ポータブル洗濯機のおすすめ】停電時でも使える足踏み式の「YiREGO Drumi」 少量洗いにもピッタリ!

【監修】国崎信江(危機管理アドバイザー)
危機管理教育研究所代表。女性・母親として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を提唱。テレビ出演・講演など、精力的な活動を行っている。

■取材・文/生島保(フリーライター)
■イラスト/早川修

This article is a sponsored article by
''.