Androidは、ホーム画面を理解することが大切だ。 さっそくスマホを使いたいところだが、ホーム画面に配置されたものが、どんな機能を持っているのか、最初のうちはわからないことが多いだろう。そこで、各部の名称や機能を一つずつチェックしておこう。

疑問と悩み 基本操作編
ホーム画面にあるアイコンやボタンの使い方がわからない

電源をオンにしたら、さっそくスマホを使いたいところだが、ホーム画面に配置されたものが、どんな機能を持っているのか、最初のうちはわからないことが多いだろう。
そこで、各部の名称や機能を一つずつチェックしておこう。

ホーム画面は、複数の「シート」を切り替えて使うことができる。よく使うアプリやフォルダーを1番めのシートに配置して、用途ごとに2番め以降のシートを用意するといいだろう。
また、どのシートを表示していても常時表示される「ドックメニュー」に入れるアプリやフォルダーも吟味しよう。

画像1: 【Androidスマホ】クイック設定、ドックメニューとは?各部の名称や機能をチェック

ホーム画面を理解しよう(ソニー・Xperia8の例)

画像1: 疑問と悩み 基本操作編 ホーム画面にあるアイコンやボタンの使い方がわからない

ステータスバー
電波の状態やバッテリーの残量、アプリの通知を表示。

フォルダー
複数のアプリを格納。ここを開いてアプリを使う。

Playストア
アプリを検索して、インストールするときに使う。

ドックメニュー
使用頻度の高いアプリを表示しておくためのエリア。

電話
電話機能を使うには、このアイコンをタップする。

サイドセンスバー
右手親指でアプリや設定を操作するためのメニュー。

クイック検索ボックス
アプリや言葉をGoogleで検索するためのボックス。

ナビゲーションバー
ホームキーやバックキーを表示するときにタップ。

クイック設定」という、各種の設定に素早くアクセスできる機能もある。こちらは、ステータスバーを下にスワイプすると表示される。

また、「クイック設定」の中にある歯車のアイコンをタップすると、Androidの「設定画面を開くことができる(※)。

※Androidの「設定」は、ホーム画面にある歯車のアイコンからも開ける。このページでホーム画面を解説しているXperia8の場合、初期設定では2番めのシートに歯車のアイコンがある。

画像2: 【Androidスマホ】クイック設定、ドックメニューとは?各部の名称や機能をチェック

「クイック設定」では、よく使う機能を素早く設定できる

画像2: 疑問と悩み 基本操作編 ホーム画面にあるアイコンやボタンの使い方がわからない

Wi-Fi
Wi-Fi機能のオン/オフを設定する。長押しで詳細設定へ移動可能。

ブルートゥース
ブルートゥースのオン/オフを設定。長押しで詳細設定へ。

自動回転
スマホの傾きに応じて、自動で画面を回転する機能を設定する。

マナーモード
マナーモードのオン/オフを設定。長押しで詳細設定にアクセス。

現在地
スマホのGPS機能のオン/オフを設定する。長押しで詳細設定へ。

ライト
デジカメ機能に付属するLEDライトを点灯する。懐中電灯代わりに。

機内モード
通信機能をすべてオフにする機内モードのオン/オフを設定する。

STAMINA
バッテリーのもちを最大にするSTAMINAモードを設定。

テザリング
テザリング機能のオン/オフを設定。長押しで詳細設定へ。

画面の明るさ
画面の明るさを調節。自動調節機能も用意されている。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.