時にはメールや地図など、ほかのアプリの画面を見ながら通話を行いたい場合もあるだろう。Android端末はマルチタスク対応なので、電話アプリをバックグラウンドに回して通話も問題なくこなせる。いちいち電話アプリに戻らなくても、ステータスバーを下にフリックして終話することもできる。

疑問と悩み 電話編
画面を見ながら電話をかけることはできる?

時にはメールや地図など、ほかのアプリの画面を見ながら通話を行いたい場合もあるだろう。

Android端末はマルチタスク対応なので、電話アプリをバックグラウンドに回して通話も問題なくこなせる。

通話中にほかの画面を見るには、通常どおりの操作で必要なアプリを立ち上げればいい。

電話を切るには、電話アプリもしくはステータスバーにある「終話」アイコンをタップしよう。

画像1: 【Android】他のアプリを見ながら「通話」をする方法

ほかの画面でも通話が続いているときは、ステータスバーに「通話中」を示すアイコンが表示されている。

画像2: 【Android】他のアプリを見ながら「通話」をする方法

いちいち電話アプリに戻らなくても、ステータスバーを下にフリックして終話を実行することも可能だ。

「フリック」・・・文字入力時などに画面を指でなぞる操作

スマホの基本的なタッチ操作方法

画像3: 【Android】他のアプリを見ながら「通話」をする方法

スマホの画面に指で触れることで指示を与える操作方法。
タップ」画面を1回軽く触れる。
ダブルタップ」2回触れる。
長押し」画面の1ヵ所をグーッと押したままにする。
ドラッグ」アイコンなどをスーッと動かす。
ピンチイン」2本の指で画面を縮小する。
ピンチアウト」2本の指で画面を拡大する。
スワイプ」画面全体を上下左右に動かす。
フリック」文字入力時などに画面を指でなぞる。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.