スマホ初心者の場合、容量不足の原因として多いのは、写真や動画、音楽データを本体ストレージに直接保存しているケース。「ストレージ容量がいっぱい」という表示が出て困っているなら、ファイル管理アプリを使って、本体ストレージの写真や動画データをマイクロSDに移動させよう。

疑問と悩み 応用編
「ストレージ容量がいっぱい」という表示が出て困っている

本体ストレージの容量が不足したときは、アプリをマイクロSDカードに移動すればいいという解説が行われることもあるが、実はこれには問題がある。

というのも、まず、マイクロSDカードへのアプリ移動に非対応の端末があるため。もう一つ、そもそも容量不足の原因になるほど巨大なアプリはそう多くはないからだ。

つまり、アプリの移動や削除だけでは、ストレージの容量不足の根本的な解決策にはなりにくいといえる。

スマホ初心者の場合、容量不足の原因としてむしろ多いのは、写真や動画、音楽データを本体ストレージに直接保存しているケースだ。

こうしたメディアデータは非常にかさばるため、本体ストレージを圧迫しやすい。マイクロSDカードに移動するなら、こうしたメディアデータのほうが効率的に容量不足を回避できる可能性が高い。

また、カメラのデータ保存先を、あらかじめマイクロSDカードに変更しておくことも重要だ。

画像1: Androidのストレージ容量不足の主な解決方法は?

容量不足の主な解決方法

画像2: Androidのストレージ容量不足の主な解決方法は?

ファイル管理アプリを使って、本体ストレージの写真や動画データをマイクロSDに移動させよう。

画像3: Androidのストレージ容量不足の主な解決方法は?

カメラデータ保存先マイクロSDに変更しておけば、本体ストレージの容量不足を未然に防げる

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.