この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、圧倒的な防水性能を誇る「R600 レインスーツSTRETCH Perfect レインスーツ」をレビュー。レインスーツの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

休日はアウトドアにいそしむ一方で、平日の暇な時間は最新グッズのチェックに夢中。大学卒業後は編集プロダクションで勤務し、30歳を機に独立した。主にモノ系・レビュー系の記事を得意としているが、食レポのし過ぎで太ってきた気がする。

レインスーツの選び方

雨具を選ぶポイントは“耐水圧”と“透湿度”にあり!

体全体をスッポリと覆うことができるレインスーツ。傘やレインコートと違い、パンツもセットになっているため、雨の中で長時間動きたいときに便利です。今回は“耐水圧”や“透湿度”といったキーワードに着目して、レインスーツの性能を分析。自分にピッタリなレインスーツの選び方をお伝えしたいと思います。

まず、レインスーツで重要になってくるのが防水性。しかし「どれをみても同じような生地だから防水性の違いなんてわからない」というのが本音ですよね。そこで注目してほしいのが、“耐水圧”。レインコートを購入すると、大抵、“耐水圧:○○○○mm”などと記載されたタグがついています。この“耐水圧”という数値は、水の浸入を防ぐ性能を示したもの。耐水圧が高ければ高いほど水が浸透しにくい生地なのです。目安としては「小雨(300mm)」「中雨(2000mm)」「大雨(10000mm)」「嵐(20000mm)」の4段階を覚えておけば、十分に雨具の耐水性を見極められますよ。

一方の“透湿度”とは、生地の“蒸気状態の汗を外に出す力”を示した数値。数値が高くなるにつれて、蒸れにくい生地ということになります。一般的に「透湿度○○○○g/m2/24h」のように表示されているので、機会があれば探してみてください。ちなみに蒸れにくい生地をお探しの人は最低でも5000g以上、できれば8000g以上のものをチョイスするのがおすすめ。数値が10000g以上あれば、汗で服の中がベトベトになることもなくなります。

今回は、蒸れにくく雨に強いレインスーツとして「R600 レインスーツSTRETCH Perfect」をご紹介。同商品は「耐水圧:10000mm」「透湿度:8000g/m2/24h」と、“大雨に対応した蒸れにくいレインスーツ”です。

画像: 身長170cm、体重67kgの男性が着用

身長170cm、体重67kgの男性が着用

「R600 レインスーツSTRETCH Perfect」を買ってみた

価格は?

同商品のカラーバリエーションは、「ブルー」「ライムイエロー」「グレー」「ブラック」の4種類。今回は鮮やかな発色の「ライムイエロー」を購入しました。専用の収納袋もついて4900円(税込)とはかなりおトクです。

画像: store.workman.co.jp
store.workman.co.jp

特徴は?

強力な防水機能を備えた同商品は、ワークマンのオリジナルブランド「AEGIS(イージス)」が手掛けたレインウェアです。デザインは細身のシルエットを意識しており、レインスーツとは思えないほどカジュアルな見た目。防水性と透湿性だけではなく、ストレッチ性にも優れた着心地の良いレインスーツに仕上げてあります。

画像1: 特徴は?
画像2: 特徴は?

直径約25cmほどの収納袋(下)がついているのもポイント。レインスーツ自体がかなり軽いため、持ち運びもラクチンです。車のトランクに忍ばせておけば、アウトドア中の急な雨にも素早く対応できるかも。

画像3: 特徴は?
画像4: 特徴は?

「R600 レインスーツSTRETCH Perfect」のMサイズを着てみた

160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!

大雨にも対応できると聞いて厚手のレインスーツを予想していたのですが、ポリエステル100%の生地は比較的薄め。袖を通してもほとんど重さは感じませんでした。パンツはサイズにゆとりがあるおかげで、かなりスムーズに着脱可能。重ね着した後のゴワゴワとした感覚もなく、ごく自然に歩けますよ。

画像1: 160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!

フードのバタつき防止対策に、ロールアップして折りたためるのもGOOD。透湿度も高く、内側に籠った汗を外に逃がしてくれるので、雨の日に限らず登山用のウェアとして使ってもいいかも。

画像2: 160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!

続いて、肝心の防水性もチェックしていきます。試しに水滴を垂らしてみたところ、生地にはまったく浸透しませんでした。生地の表面には大きな水玉ができ、その後はスルスルと落下するだけ。これなら大雨による浸食からもバッチリ体を守れそう。外からの水分をカットして内側の汗を逃がすとは… さすがハイクオリティで名高いワークマンのレインスーツです。

画像3: 160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!

実際に、同商品を購入した人からも「デザインがおしゃれだから、ファッションにもこだわりたい人にはおすすめ。アウトドアに行く時は必ず持っていきます」「雨をしっかりシャットアウトしてくれるし蒸れない! ズボンの上からパンツを履いても普通に動けるのがGOOD」などの声が続出。“動きやすくて蒸れにくい”といった特徴が人気を集めていました。

画像4: 160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!
画像5: 160~170cmの人にはMサイズがおすすめ!

【ワークマン調査隊⑧】
購入レビューまとめ

画像: 【ワークマン調査隊⑧】 購入レビューまとめ

防水性・透湿性・軽量性・ストレッチ性どれをとっても文句なし!

単に防水性だけを重視するなら、カッパやレインポンチョのような雨具でも、十分に活躍するはず。しかし、雨の中で複雑な姿勢や作業を要求されるアウトドアでは、簡易的な雨具だと限界があります。

今回ご紹介した「R600 レインスーツSTRETCH Perfect」ならば、ジャケットとパンツで全身をガード。カッパなどにありがちな“蒸れ”を感じずに着用できます。しかも収納袋がついているため、レジャーの際には持ち運びも簡単。

「まだレインスーツを持っていない」「アウトドアだけではなくて日常でも使える雨具が欲しい」という人は、ぜひ防水性と透湿性に優れた同商品を試してみてください!

画像: 【ワークマン調査隊⑧】レインスーツ STRETCH Perfect レインウェアを実際に着て感じた評価
R600
ワークマン イージス レインスーツ
STRETCH Perfect
▼脇部分はアクティブカットで動きやすい▼フラップ付きファスナー。ポケットに水が入りにくい仕様▼ロールアップ可能フード。バタつき防止▼背中が出にくいサイクルカット。すべり止め付きでめくり上がり防止

◆文・撮影=植松英明
※価格や情報はライターが記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.