スマホをはじめ、ノートパソコンやさまざまなガジェット、家電などを使ううえで、もはや欠かせない存在なのがWi-Fi。近ごろは家庭にWi-Fiがあることが前提になってモノが作られているほど。ここでは、「基礎知識」を解説する。

Wi–Fiって何に使う? どんなメリットがあるの?

Wi-Fiは、スマホやパソコンといったデジタル機器(端末)を、光回線の高速インターネット回線につなぐためにある。端末とインターネット回線の間を無線(電波)でつなぐので「無線LAN」ともいわれる。

Wi-Fiを使うメリットは、「端末がワイヤレスでインターネットを利用できる」「高速な光回線でインターネットを利用できる」「携帯電話会社のモバイル回線を使わないので、パケットを消費しない(ギガが減らない)」などが挙げられる。

特にスマホは、自宅でWi-Fiを使うことで、モバイル通信の頻度が下がれば、より安いパケットプランに切り替えることが可能になるので、スマホの月額料金を安くすることもできる。

スマホやパソコンを無線でネットに接続できる

画像: 自宅に引いている光回線の高速インターネット回線を、スマホやパソコンにつなぐのがWi-Fiの主要な役割。

自宅に引いている光回線の高速インターネット回線を、スマホやパソコンにつなぐのがWi-Fiの主要な役割。

スマホ以外の機器でもWi–Fiにつながるの?

現在の家電やデジタル機器の大半は、インターネットに接続する機能を持っている。そして、それらの機器は、インターネットへの接続手段としてWi-Fiを採用していることが多い。

例えば、テレビやレコーダーは、「YouTube」などのネット動画の再生などにインターネットを採用しており、その接続方法としてWi-Fiを利用することになる。

ほかにも、最新のエアコンは外出先からスマホを使ってスイッチを入れることができるが、この場合もWi-Fiを通じてインターネットにつながっている。このように、デジタル家電・生活家電のいずれでも、その実力をフルに発揮させるには、Wi-Fiが不可欠になっているのだ。

あらゆる機器でWi-Fiを活用できる

画像: AV機器からエアコンなどの生活家電まで、最近の家電の多くがWi-Fiを活用している。

AV機器からエアコンなどの生活家電まで、最近の家電の多くがWi-Fiを活用している。

画像1: Wi-Fiを繋ぐための基礎知識~インターネット回線の有無がポイント~

近ごろは家庭にWi-Fiがあることが前提になってモノが作られているんだね。

Wi–Fiを導入するためにはどうすればいい?

Wi-Fiの主たる役割は、端末を光ファイバーなどのインターネット回線につなぐことにある。そのため、まずは自宅に固定のインターネット回線が引かれていることが必要。未導入なら、プロバイダーなどの回線業者に連絡して、固定インターネット回線を導入する。

そのうえで、「Wi-Fiルーター」という機器を購入して、固定インターネット回線の業者からレンタルされているインターネットモデムやルーターにケーブルで接続すればいい。

インターネット回線の有無がポイント

画像: Wi-Fiルーターは回線業者からレンタルできる場合もあるが、通常は購入することになる。

Wi-Fiルーターは回線業者からレンタルできる場合もあるが、通常は購入することになる。

Wi–Fiルーターの取り付けには専門業者の工事が必要?

すでに自宅に光ファイバーなどの高速インターネット回線が導入されているのであれば、そこにWi-Fiルーターを追加するための作業は、非常に簡単だ。

既存のインターネットモデムとWi-Fiルーターを有線LANのケーブル1本でつなぐだけなので、業者の工事は必要ない。

しかし、自分で作業するのは不安という場合には、ルーターのメーカーやショップが行っている設置・設定サービスを利用するといいだろう。

メーカーの訪問設定サービスもある

画像2: Wi-Fiを繋ぐための基礎知識~インターネット回線の有無がポイント~

自宅の電波状況や機器の設置場所のアドバイス、Wi-Fi導入後の問題の解決などを請け負う。

バッファロー訪問設定サービス
https://www.buffalo.jp/service/category/detail/settei.html

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)
◆イラスト/中山 昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.