最も価格と性能のバランスが取れているのが、Wi-Fi5の製品だ。特に、実売5000~1万円前後は、人気モデルがそろう。その中から注目機であるアイ・オー・データ、バッファロー、TP-Link、エレコム、ASUS、NEC製の6機を解説する。

[別記事:注目Wi-Fiルーターカタログ チェックポイント編→

コスパの高い、各社の人気モデルが集う激戦区

Wi-Fi6の登場で最速の座こそ譲ったが、最も価格と性能のバランスが取れているのが、Wi-Fi5の製品だ。特に、実売5000~1万円前後は、人気モデルがそろう。その中から注目機を選んでみた。

機能面では、最新の接続サービス、IPv6 IPoEへの対応がポイント。フレッツ光で通信速度が遅い場合、劇的な改善が期待できる。ただし、プロバイダーとルーターが同じ方式に対応している必要があるため、自分の環境に合ったIPoE対応製品を選びたい。

セキュリティ機能も、要注目だ。有料サービスが無料で提供される機種もあるので、チェックしておこう。

画像1: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル

光回線を高速化するIPv6 IPoEに対応しているか確認

ネットフィルタリングが5年間無料! 360コネクトで電波が届きやすい
アイ・オー・データ「WN-DX2033GR」

アイ・オー・データ
WN-DX2033GR
実売価格例:9560円

画像: ●本体サイズ/幅180㎜×高さ186㎜×奥行き120㎜(スタンド含む) ●本体重量/410g

●本体サイズ/幅180㎜×高さ186㎜×奥行き120㎜(スタンド含む) 
●本体重量/410g

画像2: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
アイ・オー・データ
WiFi 無線LAN ルーター
WN-DX2033GR
▼[特長]ネットがもっと快適に。IPv6(IPoE)対応ルーター(簡易パッケージ)▼[ご利用目安]4LDK/3階建て/接続台数24台▼[スピード]1733Mbps+300Mbps▼[機能]ムラなくつながる"360コネクト"/有線LANポート×4(1000Mbps)▼[サイズ/重量]180(W)×120(D)×186(H)mm (スタンド含む)/ 約410g(本体のみ)(Amazon)

1733Mbpsの高速通信に対応しながら、1万円を切る実売価格を実現。ネットフィルタリング機能が5年間無料なのもうれしい。「transix」「v6プラス」をはじめ、主要なIPoEサービスにも対応。最大4台の端末と同時通信できる「MU-MIMO」とビームフォーミング機能を搭載し、独自の「360コネクト」技術と合わせ、複数台で快適な通信が可能。

売れ筋モデルの後継機。コンパクトかつ高性能なWi-Fiルーター
バッファロー「WSR-2533DHP3」

バッファロー
WSR-2533DHP3
実売価格例:1万1870円

画像: ●本体サイズ/幅160㎜×高さ160㎜×奥行き37.5㎜ ●本体重量/382g

●本体サイズ/幅160㎜×高さ160㎜×奥行き37.5㎜
●本体重量/382g

画像3: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
バッファロー
WiFi 無線LAN ルーター
WSR-2533DHP3
▼【バッファローの強み】バッファローの無線LAN製品は日本国内販売台数17年連続第1位を受賞(※)。多くのお客様に支持されている無線LAN製品で毎日を快適に。※2018年 BCN調べ▼【IPv6対応】日本の主要なIPv6サービスに対応。▼【4×4&ビームフォーミング機能】使っている場所にWi-Fiビームで狙い撃ち。 ※ビームフォーミングは子機側も対応している必要があります。(Amazon)

コンパクトボディの人気モデル、WSR-2533DHP2の後継機。5Gヘルツが1733Mbps、2.4Gヘルツが800Mbpsという最大速度は、Wi-Fi5対応の中では最速クラス。4本の内蔵アンテナを搭載し、複数端末の同時通信を可能にする「MU-MIMO」やビームフォーミングにも対応。「transix」「v6プラス」など、主要なIPoEサービスもカバーする。

3本の外部アンテナに、内蔵アンテナも装備! 音声操作にも対応
TP-Link「Archer A10」

TP-Link
Archer A10
実売価格例:8800円

画像: ●本体サイズ/幅216㎜×高さ36.8㎜×奥行き164㎜ ●本体重量/665g

●本体サイズ/幅216㎜×高さ36.8㎜×奥行き164㎜
●本体重量/665g

画像4: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
TP-Link
Wi-Fi 無線LAN ルーター
Archer A10
▼[特徴] Archer A10にUSB3.0とセキュリティプログラム Homecareを搭載したアップグレードモデル。▼[規格値] 5GHz: 1733 Mbps+ 2.4GHz: 800 Mbps▼[HomeCareセキュリティ] トレンドマイクロ社と協力したセキュリティHomeCareを搭載。▼[USB3.0搭載] ビジネスユースにも適したUSBポートを搭載▼[IPv6 plus , DS-Lite] ついにIPv6 plusとDS-Liteに対応。日本の高速回線にも楽々対応。(Amazon)

無線LAN製品で世界トップシェアを誇るTP-Linkの人気モデル。目を引く3本の外部アンテナに加えて、内蔵アンテナも1本装備し、高効率な通信が可能。また、Alexaに対応し、音声でさまざまな操作ができる。「transix」「v6プラス」をはじめ、一部のIPoEサービスにも対応する。

低価格と高い基本性能を両立! IPv6 IPoE対応の高コスパモデル
エレコム「WRC-2533GS2」

エレコム
WRC-2533GS2
実売価格例:7480円

DXアンテナと共同設計したアンテナを5Gヘルツと2.4Gヘルツそれぞれに搭載。1733Mbpsの高速通信に対応しながら、お手ごろ価格。「transix」「v6プラス」をはじめ、主要なIPoEサービスに対応。電波の混雑状況を自動判別して、空いている帯域に自動で誘導するバンドステアリング機能も搭載。

画像: ●本体サイズ/幅142㎜×高さ185㎜×奥行き40㎜ ●本体重量/560g

●本体サイズ/幅142㎜×高さ185㎜×奥行き40㎜
●本体重量/560g

画像5: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
エレコム
WiFi 無線LAN ルーター
WRC-2533GS2
▼らくらく引っ越し機能を搭載し、面倒な設定無くテレビやスマホ、タブレット、PCなどが使える11ac対応無線LANギガビットルーターです。▼使用中のルーターと本機のWPSボタンを押すだけで、自動的に使用中のルーターの情報(SSID・パスワード)をコピーできます。(Amazon)

4本の外部アンテナが目を引くスタイリッシュなベーシックモデル
ASUS「RT-AC59U」

ASUS
RT-AC59U
実売価格例:6570円

画像: 4本の外部アンテナが目を引くスタイリッシュなベーシックモデル ASUS 「RT-AC59U」
画像6: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
ASUS
デュアルバンド WiFi 無線LAN ルーター
RT-AC59U
▼【特長】2.4GHz帯では、同クラスのルーターと比較し約2倍の通信速度を可能にするエントリーモデルルーター▼【4本の外付けアンテナ】階を跨いでも、安定で広範囲通信が可能 【ワイヤレス規格】11ac/n/a/g/b▼【アプリで簡単設定】アプリを使えば、スマートフォンやタブレットからWi-Fiルーターの設定が簡単(Amazon)

ASUS製品としては珍しい白いカラーが目を引くエントリーモデル。ブラックカラーは、Amazon限定で販売される。最大通信速度は控えめながら、4本の大型外付けアンテナを備え、安定した通信が可能。「MU-MIMO」や「ビームフォーミング」にも対応し、基本性能は充実している。

最新の接続サービスIPoEに対応。独自技術でIPv6がより高速に!
NEC「Aterm WG1800HP4」

NEC
Aterm WG1800HP4
実売価格例:7670円

画像: 最新の接続サービスIPoEに対応。独自技術でIPv6がより高速に! NEC 「Aterm WG1800HP4」
画像7: 【厳選】Wi-Fi5対応ルーターのおすすめ6機はコレ!価格と性能のバランスが取れた売れ筋モデル
NEC
Wi-Fiルーター
Aterm WG1800HP4
▼【高速Wi-Fiはじめませんか?】無線LANルーターが繋がりにくい、切れてしまうなど、買い替えをご検討している、光回線をご使用の方におすすめ!▼11ac対応、3×4アンテナ、有線ギガが特長で、スマホやタブレットに最適です!▼【見えて安心ネット搭載】Wi-Fiの「見える化」を実現しました!▼無償アプリ「Atermスマートリモコン」を使用すれば、Wi-Fiホームルータ、中継機の各々に接続しているスマホ等の端末が分かります。(Amazon)

5Gヘルツ帯で1300Mbpsと最大通信速度は控えめな代わりに、お手ごろ価格を実現。「transix」「v6プラス」をはじめ、主要なIPoEサービスに対応するほか、独自の「IPv6 High Speed」により、さらにスピードアップを図っている。電波性能を向上させる「ハイパワーシステム」も搭載。

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)
◆イラスト/中山 昭(絵仕事 界屋)

[別記事:注目Wi-Fiルーターカタログ チェックポイント編→

This article is a sponsored article by
''.