高速な新規格のWi-Fi 6(11ax)対応機? コストパフォーマンスの高いWi-Fi 5対応機? 家中つなぐメッシュ? Wi-Fiルーターを選ぶ際に知っておきたい規格や性能の違い、重要なチェックポイントを紹介します。

Wi-Fiルーター選びではここに注意!

Wi-Fiルーターを選ぶ際にまず知っておきたいのが、高速な新規格のWi-Fi 6(11ax)だ。

長く主流だったWi-Fi 5(11ac)に代わり、ここに来て各社が製品を投入。もちろん、この規格の恩恵を受けるには、対応する製品が必要だが、スマホでは昨年発売されたiPhone11が対応しており、今年は対応モデルが続々登場予定。また、パソコンは、多くの機種が対応済みだ。

もちろん、対応機器を持っていなくても、慌てて導入する必要はない。まだ割高なWi-Fi 6対応機ではなく、コストパフォーマンスの高いWi-Fi 5対応機を選ぶのも手だ。

実は、Wi-Fiルーター選びで重要なのは、規格だけではない。まず、理論上の最大速度。同じ規格でも製品により速度差はかなりあるのだ。

次に、アンテナ。外付けと内蔵があり、見た目や設置性が異なる。アンテナの本数(ストリーム数)も違いがあり、本数が多いほど速度面で有利だ。

また、バンド数にも注目。通常、2本あるデータの通り道が3本あるトライバンドの機種では、つながりやすさや安定性などで有利になる。

もう一つ、有線LANの速度も、ギガ超えの光回線が普及しつつあるので、チェックしたい。

●規格だけではなく、アンテナやバンド数なども注目!

Wi-Fi規格
「Wi-Fi 6」か「Wi-Fi 5」のどちらかを選択
長い期間使うなら、基本的に高速なWi-Fi 6を選びたい。コスパでは、Wi-Fi 5が有利だ。

最大速度
同じ規格でも機種により速度は異なる
Wi-Fi 5やWi-Fi 6対応機では、製品ごとの差が大きい。カタログやパッケージでしっかり確認しよう。

画像1: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは

アンテナ/ストリーム数
内蔵か外付けか、アンテナ本数、ストリーム数もチェック
アンテナは内蔵と外付けがあるが、性能差はない。アンテナやストリームの数は、多いほど速度が期待できる。

バンド数
トライバンドかデュアルバンドか
同時利用できる周波数帯の数を表す。つなぐ機器が多い人やつながりやすさ重視の人は、トライバンドがいい。

画像: トライバンドのイメージ

トライバンドのイメージ

有線LAN
LANの速度が最大2.5~10Gbps対応機が増加中
光回線で1Gbpsを超える業者が増え、実力を生かすには有線LAN(WAN端子とLAN端子)も、1Gbps超えが必要。

ルーター購入前に、ここもチェックしておこう

Wi-Fiルーター選びで重要なポイントはまだある。

まずは、セキュリティ機能。ウイルスへの感染や不正通信を遮断する機能、悪意あるサイトをブロックする機能、さらに子供の通信を管理する「ペアレンタルコントロール」などの機能を搭載しているかチェックしよう。

さらに、最近はWi-Fi対応家電の脆弱性を保護する機能を持った機種も増えている。ただし、この機能を無料利用できる期間などは機種により異なるので、購入前にチェックしよう。

また、インターネット接続サービスの接続方式にも注意が必要だ。従来のPPPoE方式より通信が高速になるIPoE方式が普及しつつある。

しかし、同じIPoEでもいくつか方式があり、プロバイダーによって採用する方式が異なる(申し込みが必要な業者もある)。ルーターにより採用する方式が異なるので、自分が契約しているプロバイダーの方式に対応するかどうか確認しておこう。

自宅の広さや構造も重要。自宅が広い場合や、3階建ての場合など、Wi-Fiの電波が届きにくい場合がある。その際は、メッシュタイプの製品を選びたい。

●セキュリティ機能に注目!
WRM-D2133HSは、「ネット脅威ブロッカー プレミアム」という機能を搭載しており、Wi-Fi接続に対応した家電をネットの脅威から守ってくれる。

バッファロー WRM-D2133HS
実売価格例:2万680円

画像2: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは
画像3: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは

メッシュ対応で、家中の家電を守ってくれるのはいいね

●IPoE対応状況をチェック!
高速なIPoEでも、機種により対応が異なる。WRC-2533GS2-Bは、低価格ながら、主だったIPoE方式に対応済みだ。

エレコム WRC-2533GS2-B
実売価格例:7480円

画像4: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは
画像5: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは

●メッシュなら、家の隅々まで電波が届く
従来の中継機を使う方式と違い、ルーターとサテライトが連係して、大きな一つのネットワークを形成するため、安定して速い。

Google Nest Wifi
実売価格例:3万1900円

画像6: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは
画像7: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは

●自宅の階数・間取りや使用端末の台数からルーターを選ぼう(バッファローの例)

階数や間取り、同時に使う人数や接続する機器の数によって、必要となるWi-Fiルーターのスペックも変わる。余裕を持って選ぶといい。

戸建て階数3階建て3階建て3階建て2階建て
マンション間取り4LDK4LDK4LDK3LDKワンルーム
使用端末数36台まで18台まで18台まで12台まで6台まで
使用人数12人6人6人4人2人
最大速度
(Mbps・
5GHz+
2.4GHz)
4804+
1147
1733+
800
1300+
450
866+
300
866+
300
機種の例WXR-
5950AX12
WSR-
2533DHP3
WXR-
1750DHP2
WSR-
1166DHP4
WCR-
1166DS
画像: ルーター購入前に、ここもチェックしておこう
画像8: 【Wi-Fiルーターの選び方】規格だけで選んではNG!購入前のチェックポイントとは

スマホやテレビなど、つなぐ機器の数も重要

※価格は記事作成時のものです。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)
◆イラスト/中山 昭(絵仕事 界屋)

This article is a sponsored article by
''.