この記事では、ワークマンの人気商品を実際に購入して使用した感想をレポートしていきます。今回は、火の粉に強いアウトドアウェア「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」をレビュー。アノラックパーカーの選び方、同商品の基本情報、実際に着てみた個人的な感想や評価もまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

評価者のプロフィール

画像: 評価者のプロフィール

休日はアウトドアにいそしむ一方で、平日の暇な時間は最新グッズのチェックに夢中。大学卒業後は編集プロダクションで勤務し、30歳を機に独立した。主にモノ系・レビュー系の記事を得意としているが、食レポのし過ぎで太ってきた気がする。

アノラックパーカーの選び方

収納力や生地の性能がポイント

カジュアルな見た目が人気を集めるパーカー。幅広い着こなし方があるパーカーは、誰もが着られるファッションアイテムですよね。実は最近、アウトドアブームの到来に伴い“アノラックパーカー”が注目を集めている模様。そこで今回は、街中からキャンプ場まであらゆるシチュエーションで着用できるアノラックパーカーの選び方をお伝えしていきます。

そもそもアノラックパーカーとは、フロントに大きなポケットがついたパーカーのこと。パーカーの形は、頭からすっぽりかぶる“プルオーバー”タイプが多いようですね。大容量のポケットがあり、雨風に強いことからアウトドアでも使い勝手が良いと話題に。

アノラックパーカー選びで重要なのは生地の性能です。キャンプなどのアウトドアで着る予定がある人は、「防水性」や「防風性」に気をつけましょう。防水性が高ければ、タウンユースでも活躍するはず。ついでに防寒具として機能する商品を選ぶと、屋外で活動する時に体を冷やさず作業できますよ。

収納力とデザイン性についても拘りたいところ。フロントポケットの形や使い心地に違和感がないか、試着して確かめておけるとGOOD。頭からかぶるデザインなので、着脱のしやすさも1つのポイントになりそうですね。

レトロなデザインが多いアノラックパーカーは、アウトドアでもタウンユースでも気軽に着られるトレンドアイテム。ワークマンが発売した「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」も、注目を集めているアノラックパーカーの1つです。今回は高いクオリティを誇るワークマンの人気商品をレビューしてみましょう。

画像: 身長170cm、体重67kgの男性が着用

身長170cm、体重67kgの男性が着用

「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」を買ってみた

「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」の価格

同商品はプルオーバータイプのアノラックパーカー。デニム生地の色合いを活かした「ストーンウォッシュ」、所々にペイントが施された「ペイントデニム」、空に浮かぶ雲のような模様を描いた「ブリーチデニム」の3カラーが存在します。購入価格は2900円(税込)。トレンド商品をこれほどリーズナブルな金額で提供してくれるとは…。ワークマンには頭が上がりませんね。

画像: store.workman.co.jp
store.workman.co.jp

「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」の特徴

キャンプでは必須となる火起こし。スポーツウェアなどの材質によく見られる“ポリエステル系”の服は火に弱いというデメリットがあり、飛び散った火の粉に触れるとその部分に穴が開いてしまいます。これで何度“お気に入りのジャケット”が虫食い状態になったことか…。

同商品の生地は綿(100%)でできているため、火の粉が少し降りかかったとしてもすぐに溶けてしまう心配はありません。最大の特徴といえるフロントポケットは、ライターやグローブの収納に大活躍です。大事なものをしまいたい場合もファスナーつきのポケットで紛失防止。焚き火やBBQで安心して着用できる性能を持ち合わせています。

画像: 「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」の特徴

「ZB7100 BlueB デニムアノラックパーカー」のMサイズを着てみた

170cmの私にはMサイズがピッタリ

それでは実際に試着してみましょう。同商品は襟元からお腹辺りまでファスナーがついているので、着脱はかなりスムーズ。サイズにはゆとりがあり、ジャストサイズのジャケットなら上から重ね着もできます。火起こしの時だけ“サッ”と着用する、なんて使い方も良さそうですね。

個人的に最も気に入ったのは、可愛らしさが漂うポップなルックス。胸元から引かれた赤いラインのおかげで、カジュアルなデザインに仕上がっています。デニムジャケットでは出せない“ゆるさ”があるので、タウンユースでも問題なく着られるはず。

画像1: 170cmの私にはMサイズがピッタリ
画像2: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

続いてアノラックパーカーの代名詞ともいえる“収納力”に注目していきます。フロントポケットの入り口はかなり広く、アイテムの取り出しがラクチン。一般的なポケットにはしまえないような、「ハンマー」や「トンカチ」などの“工具類”でも収納できそうです。

画像3: 170cmの私にはMサイズがピッタリ
画像4: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

フロントに重なるように設置されたファスナーつきポケットもGOOD。作業中にアイテムを紛失するのを防げるので、「スマホ」「財布」「パスケース」といった貴重品はこちらのポケットに収納しましょう。

画像5: 170cmの私にはMサイズがピッタリ

実際に購入した人からは、「デニムのカッコよさとパーカーのカジュアルさがマッチしたデザインがお気に入り!」「収納力バツグンで火にも強いからBBQには必ず持っていってる。着脱しやすいところもいいですね」など好評の声が上がっています。

【ワークマン調査隊⑮】
購入レビューまとめ

作業用だけではもったいないほどのデザインが人気の理由!?

画像: 作業用だけではもったいないほどのデザインが人気の理由!?

アウトドアブームがきっかけでブレイクした“アノラックパーカー”は、性能重視の本格的な作業服という印象を持っていた私。実際に着てみるとパーカーならではの“ゆるさ”があり、親しみやすいファッションアイテムだと感じました。

DIYや庭作業といった作業用だけでなく“おしゃれ着”としても活躍する“アノラックパーカー”で、新たなファッションスタイルを開拓してみては?

画像: 【ワークマン調査隊⑮】アウトドア人気で注目!BlueB デニムアノラックパーカーを実際に着て感じたこと
ZB7100
BlueB
デニムアノラックパーカー
▼綿100%だから火に強い▼大容量のフロントポケット▼ファスナー付ポケット▼フード、裾部分にスピンドル付き絞り紐▼左袖にペン差しポケット

◆文・撮影=植松英明(編集ライター)
※価格や情報は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.