「Office Lens(オフィス レンズ)」は、マイクロソフトが提供するスキャンアプリ。最大の特徴は、同社のオフィスアプリやクラウドサービスと連係できる点にある。また、「一太郎Pad(イチタロウ パッド)」ならOCRの面でより秀逸な性能を実現している。

メモや書類をサッとデジタル化できるスキャンアプリ

新聞や雑誌の記事をスクラップしたり、出先で気になったポスターやチラシ、時刻表などの情報をメモしたりするのにスマホのカメラを使うのは、もはや日常のことだ。

最近は、名刺や書類などを、平面的に見やすく、メリハリのある明るさで撮影できる「スキャンモード」を備えたスマホカメラも珍しくない。

今回は、そんなスマホカメラのスキャナー的な活用を、さらに一歩推し進めるアプリを2本紹介したい。

Microsoft Office Lens
提供元:マイクロソフト

iPhoneの方はコチラ

Androidの方はコチラ

Office Lens(オフィス レンズ)」は、マイクロソフトが提供するスキャンアプリ。最大の特徴は、同社のオフィスアプリやクラウドサービスと連係できる点にある。

左の画面は「特選街」の記事の一部をスキャンしているところ。アプリを起動し、誌面の保存したい箇所を撮影して「完了」をタップすると、画像、PDF、「Word」「PowerPoint」などの各種形式に変換してくれるほか、「OneNote」「OneDrive」などへの保存もサポートする。

今回は「Word」形式で保存してみたが、このデータはスマホの「Word」アプリはもちろん、パソコンの「Word」で開いて、文字の編集や飾り付けなどを行うことも可能。

OCR(画像を文字データに変換する機能)性能は完璧とはいかないが、一から文字を入力していくのに比べれば、はるかに楽だ。

文字を読み込んで「Word」ファイル化が可能

誌面の一部をカメラで読み取って、各種ファイル形式に変換することができる。

画像1: ■ 文字を読み込んで「Word」ファイル化が可能

「Word」文書として保存することが可能。文字サイズやフォントも変更できる。

画像2: ■ 文字を読み込んで「Word」ファイル化が可能

一太郎Pad
提供元:ジャストシステム

iPhoneの方はコチラ

Androidの方はコチラ

OCRの面でより秀逸な性能を実現しているのが、ジャストシステムの「一太郎Pad(イチタロウ パッド)」。

そもそもは同社の「一太郎」との連係を図るアプリだが、「一太郎」ユーザーでなくても利用可能。読み取ったデータは各種アプリで共有することができる。

スピーディかつ高精度に文字を認識できる

誌面の中で、読み取りたい部分を指定してトリミングをかけることができる。

画像1: ■ スピーディかつ高精度に文字を認識できる

テキストでの保存に特化しているぶん、OCRの精度は「Office Lens」よりも高い。

画像2: ■ スピーディかつ高精度に文字を認識できる

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.