【Windows10のストレージ】ノートパソコンの空き容量を増やす方法

ガジェット

無駄なファイルを削除する「ディスククリーンアップ」は有効な機能だから知っておくと便利だ。エクスプローラーで「Cドライブ」を右クリックし、「プロパティ」から「ディスククリーンアップ」を選択。「システムファイルのクリーンアップ」も併せて行うことも重要だ。

設定操作の疑問と悩み
ノートパソコンのストレージの空き容量少なくなった

まずは、ストレージ(HDD/SSD)の内部を掃除して空き容量を増やそう。

無駄なファイルを削除する「ディスククリーンアップ」が有効だ。エクスプローラーで「Cドライブ」を右クリックし、「プロパティ」から「ディスククリーンアップ」を選択すればいい。

このとき、必ず「システムファイルのクリーンアップ」も行うこと。Windows10のアップデートでたまった不要ファイルがあれば、Gバイト単位の空き容量が増える可能性がある。

「ディスククリーンアップ」を実行する

「ディスククリーンアップ」の画面で「システムファイルのクリーンアップ」をクリックする。

「ディスククリーンアップ」の画面で「システムファイルのクリーンアップ」をクリックし、次の画面で「OK」をクリックして実行する。

また、「設定」→「システム」→「記憶域」で「ストレージセンサー」をオンにすれば、一時ファイルやごみ箱の内容など、ディスククリーンアップで削除されるファイル類を自動的に検出し、削除されるようになる。

ストレージセンサーを操作

「ストレージセンサー」をオンにしておけば、ストレージにたまる不要ファイルが自動削除される。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース