「ワード」や「エクセル」などを統合したOfficeアプリは、Android/iPhone用が用意されている。しかもアプリストアから無料で入手が可能だ。パソコン用「Office」との互換性も高いので、簡単な編集作業もOK。クラウドストレージの「OneDrive」とも連係。ファイルの同期もできていい。

スマホ連携

パソコンで文書を作成する定番アプリは、マイクロソフトの「Office」だろう。

Googleには、「Googleドキュメント」「Googleスプレッドシート」など、アップルには「Pages」や「Numbers」といった純正のオフィス系アプリがある。

これらはパソコン、スマホ用が用意され、「Office」と一定の互換性があるので、「エクセル」や「ワード」で作ったファイルの内容確認程度なら可能だ。

スマホに「office」をインストール

「ワード」や「エクセル」などを統合したOfficeアプリはAndroid/iPhone用が用意されており、アプリストアから無料で入手可能。

Androidの方はコチラ

iPhoneの方はコチラ

画像: ■ スマホに「office」をインストール

また、マイクロソフトはスマホ用のOfficeアプリを無料で提供。パソコン用「Office」との互換性も高いので、簡単な編集作業もOK。クラウドストレージの「OneDrive」とも連係しており、ファイルの同期もできる。

パソコンとスマホで同期も可能

保存先を「OneDrive」にすれば、パソコンとスマホで同じファイルを利用できる。スマホの小さい画面でも簡単な編集は可能だ。

画像: ■ パソコンとスマホで同期も可能

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.