ドコモの5G対応スマホはハイエンドモデルが中心。auやソフトバンクは、ミドルレンジ上位のモデルも用意している。3社共通はシャープ「AQUOS R5G」のみ。ドコモとauで採用するのは、ソニー「Xperia 1Ⅱ(エクスペリア ワン マークツー)」やサムスン「Galaxy S20/S20+」など。通信規格の代替わりに合わせて、新規参入メーカーも参入しているため併せて紹介する。

5G対応スマホの徹底レポート!

こんなにある!5G対応スマホをきっちりチェック!

5Gに対応したスマホが、続々と発売されている。まだ出始めのため、ハイエンドモデルが中心だが、auやソフトバンクは、ミドルレンジ上位のモデルも用意し、価格を抑えようとしている。
3社共通は、シャープのAQUOS R5Gのみ。また、2社で採用するのは、ソニーのXperia 1Ⅱ(エクスペリア ワン マークツー)やサムスンのGalaxy S20/S20+などおなじみのメーカー中心。一方で、auはOPPO(オッポ)やXiaomi(シャオミ)のスマホを初めて販売。ソフトバンクも低価格モデルとしてOPPOのReno(リノ)3 5Gを発売する。通信規格の代替わりに合わせ、新規参入メーカーが続々と増えている状況だ。

3社ともスタートから充実したラインアップを展開

キャリア製造製品名実売価格例発売日
ドコモシャープ
ソニー
サムスン
サムスン
LG
富士通
AQUOS R5G SH-51A
Xperia 1 II SO-51A
Galaxy S20 5G SC-51A
Galaxy S20+ 5G SC-52A
V60 ThinQ 5G L-51A
arrows 5G F-51A
10万6172円
12万3552円
10万2960円
11万4840円
11万8008円
未定
3月25日
4月下旬以降
3月25日
5月下旬以降
4月下旬以降
6月下旬以降
auシャープ
ソニー
サムスン
サムスン
OPPO
ZTE
Xiaomi
AQUOS R5G SHG01
Xperia 1 II SOG01
Galaxy S20 5G SCG01
Galaxy S20+ 5G SCG02
Find X2 Pro OPG01
a1 ZTG01
Mi 10 Lite 5G XIG01
12万9145円
13万3600円
11万7480円
13万3280円
未定
未定
未定
3月27日
5月以降
3月26日
5月下旬以降
7月以降
7月以降
7月以降
ソフト
バンク
シャープ
LG
OPPO
ZTE
AQUOS R5G
V60 ThinQ 5G
Reno3 5G
Axon 10 Pro 5G
12万9600円
未定
未定
8万9280円
3月27日
4月下旬以降
7月下旬以降
3月27日

5Gスマホ最新機種カタログ

超広角での8K動画撮影対応の4カメラを搭載。省電力性能も抜群

超広角カメラは4800万画素で、8K動画の撮影に対応。標準カメラ、望遠カメラに加え、動画撮影時に被写体の深度を測ってボカシ撮影を可能にするToFカメラも搭載する。ディスプレイはPro IGZ
O。10億色表示のほか、1~120ヘルツで画面の書き替え速度を変え、省電力と映像の滑らかさを両立させた。処理能力も高い。

シャープ
AQUOS R5G

ドコモ au ソフトバンク

4つのレンズを搭載!

画像: 超広角での8K動画撮影対応の4カメラを搭載。省電力性能も抜群
実売価格例:10万6172円
5G受信4G受信液晶メインカメラCPUROMRAM
3.4Gbps1.7Gbps6.5型
1440×3168
1220万
4800万
1220万
ToF※
Snapdragon
865 5G
256G12GB
●本体サイズ/幅75㎜×高さ162㎜×奥行き8.9㎜
●本体重量/189g
※ToF(深度測定カメラ)

大型センサーとツァイスレンズでカメラを強化。秒間20コマ連写も実現

初の5G対応Xperiaは、カメラを大幅に強化。メインのカメラはコンデジ並みで、センサーは1/1.7型と大判。取り込める光の量が大きく増え、暗所での写りが向上した。望遠カメラ、超広角カメラ、深度測定用のToF(深度測定)カメラも搭載する。レンズはツァイスのコーティングを施し、瞳AFにも対応。ディスプレイは4K対応で残像低減技術も採用した。

ソニー
Xperia 1 Ⅱ(エクスペリア ワン マークツー)

ドコモ au

1/1.7型大型センサー搭載

画像: 大型センサーとツァイスレンズでカメラを強化。秒間20コマ連写も実現
実売価格例:12万3552円
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
3.3Gbps1.7Gbps6.5型
1644×3840
1220万
1220万
1220万
ToF※
Snapdragon
865 5G
128G8GB
●本体サイズ/幅72㎜×高さ166㎜×奥行き7.9㎜
●本体重量/181g
※ToF(深度測定カメラ)

サイズが大きいだけじゃない!ミリ波対応で通信速度もアップ

ディスプレイは6.7型とGalaxy S20より一まわり大きいが、カメラ周りはほぼ同じ。ただし、本機には深度測定用のToFカメラが搭載され、28Gヘルツと非常に高い周波数を使うミリ波の5Gにも対応。エリアはより限定されるが、下り最大4.1Gbpsと超高速だ。

サムスン
Galaxy S20+ 5G

ドコモ au

画像: サイズが大きいだけじゃない!ミリ波対応で通信速度もアップ
実売価格例:11万4840円
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
4.1Gbps1.7Gbps6.7型
1440×3200
1200万
1200万
6400万
ToF※
Snapdragon
865 5G
128G12GB
●本体サイズ/幅74㎜×高さ162㎜×奥行き7.8㎜
●本体重量/186g
※ToF(深度測定カメラ)

ズーム性能を大幅強化し30倍を実現。8K動画の撮影にも対応

望遠カメラは6400万画素と高画素で、ここから切り出すことでズームを実現。最大倍率は30倍だ。超広角カメラも搭載し、動画撮影は8Kの解像度に対応。従来の2倍となる120ヘルツ駆動での高速表示が可能。バッテリーも4000ミリアンペアと大容量を確保する。

サムスン
Galaxy S20 5G

ドコモ au

画像: ズーム性能を大幅強化し30倍を実現。8K動画の撮影にも対応
実売価格例:11万4840円
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
4.1Gbps1.7Gbps6.7型
1440×3200
1200万
1200万
800万
ToF※
Snapdragon
865 5G
128G12GB
●本体サイズ/幅69㎜×高さ152㎜×奥行き7.9㎜
●本体重量/163g

ミリ波対応で高機能。メインが4800万画素の3眼カメラを搭載

arrowsブランドとしては、約5年ぶりとなるハイエンドモデル。28Gヘルツ帯で超高速通信を実現するミリ波対応で、下り最大4.1Gbpsでの通信が可能だ。ミリ波搭載ながら厚さ7.8ミリとスリム。カメラは3眼で、メインは4800万画素。クリエイター向きの画像加工ソフトなどで知られるアドビが技術を提供し、写真を自動で補正するモードが搭載されているのも、本機ならではだ。

富士通
arrows 5G

ドコモ

ミリ波対応で4.1Gbps

画像: ミリ波対応で高機能。メインが4800万画素の3眼カメラを搭載
価格未定
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
4.1Gbps1.7Gbps6.7型
1440×3120
4800万
1630万
800万
Snapdragon
865 5G
128G8GB
●本体サイズ/幅76㎜×高さ164㎜×奥行き7.8㎜
●本体重量/170g

120ヘルツの高速表示対応!10倍ズームも画質劣化が少ない

au初のOPPO製モデルで、ディスプレイが通常の倍の120ヘルツ駆動で10億色を表現でき、HDRにも対応する。カメラは3眼。メインカメラは4800万画素で明るく撮れるほか、望遠は屈曲光学系のレンズを採用し、10倍まで画質劣化の少ないズームが可能だ。

OPPO
Find X2 Pro

au

画像: 120ヘルツの高速表示対応!10倍ズームも画質劣化が少ない
価格未定
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
未定未定6.7型
1440×3168
4800万
1630万
800万
Snapdragon
865 5G
512GB12GB
(ブラック)
●本体サイズ/幅74㎜×高さ165㎜×奥行き8.8㎜
●本体重量/217g
(オレンジ)
●本体サイズ/幅74㎜×高さ165㎜×奥行き9.5㎜〈暫定〉
●本体重量/200g〈暫定〉

スクリーン内蔵ケース装着で6.8型2画面スマホに早変わり

付属ケースを装着すると、2画面スマホになるギミックが売り。二つのアプリを左右に表示したり、片方をゲームのコントローラーにしたりと使い方の幅が広がる。単体でも高機能で、カメラは6400万画素で8K動画も撮れる。バッテリーは5000ミリアンペアと大容量。

LG
V60 ThinQ 5G

ドコモ ソフトバンク

画像: スクリーン内蔵ケース装着で6.8型2画面スマホに早変わり
実売価格例:11万8008円
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
3.4Gbps1.7Gbps6.8型
1080×2460
6400万
1300万
ToF※
Snapdragon
865 5G
128GB8GB
●本体サイズ/幅78㎜×高さ170㎜×奥行き9.2㎜
●本体重量/218g
※ToF(深度測定カメラ)

ミドルレンジCPUで低価格を実現

CPUにミドルレンジ端末向けのSnapdragon 765Gを採用。原稿執筆時点で価格は未定だが、5Gのエントリーモデルとして低価格になる見込みだ。クアッドカメラを備え、OPPO独自の急速充電にも対応。おサイフケータイも搭載。

OPPO
Reno3 5G

ソフトバンク

画像: ミドルレンジCPUで低価格を実現
価格未定
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
未定未定6.55型
1080×2400
4800万
1300万
800万
200万
Snapdragon
765 5G
128GB8GB
●本体サイズ/幅72㎜×高さ159㎜×奥行き7.7㎜
●本体重量/171g

クアッドカメラ搭載のミドルレンジ

チップセットにミドルレンジ用のSnapdragon 765Gを搭載し、ディスプレイは6.5型と大型。カメラはメインが4800万画素で、深度測定用のToFセンサーも備える。バッテリーは4000ミリアンペア。おサイフケータイなどを省き、価格は抑えられる見込み。

ZTE
a1

ドコモ au ソフトバンク

画像: クアッドカメラ搭載のミドルレンジ
価格未定
5G受信4G受信液晶メインカメラCPUROMRAM
2.1Gbps未定6.5型
1080×2340
4800万
800万
200万
ToF※
Snapdragon
765 5G
128GB6GB
●本体サイズ/幅77㎜×高さ164㎜×奥行き9.0㎜〈暫定〉
●本体重量/185g〈暫定〉
※ToF(深度測定カメラ)

高性能CPU搭載ながら入手しやすい

CPUにはSnapdragon 865を採用したハイエンドモデルだが、おサイフケータイを省くなどして、このクラスの端末としては安価な9万円以下という価格を打ち出した。カメラは3眼で標準カメラのほか、広角、望遠カメラを搭載。有機ELを採用し、映像もきれい。

ZTE
Axon 10 Pro 5G

ソフトバンク

画像: 高性能CPU搭載ながら入手しやすい
実売価格例:8万9280円
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
2.0Gbps9800Mbps6.4型
1080×2340
4800万
2000万
800万
Snapdragon
865 5G
128GB6GB
●本体サイズ/幅73㎜×高さ159㎜×奥行き7.9㎜
●本体重量/176g

同社初のキャリアモデルが5Gで登場

2019年12月に日本参入を果たしたXiaomiのキャリア対応第1弾。Snapdragon 765Gを搭載したミドルレンジモデルで、価格もリーズナブルになる見込みだ。4眼カメラ搭載で、メインは4800万画素。暗所での仕上がりを向上させる「ナイトモード2.0」も採用する。

Xaomi(シャオミ)
Mi 10 Lite 5G

au

画像: 同社初のキャリアモデルが5Gで登場
価格未定
5G受信4G受信有機ELメインカメラCPUROMRAM
2.1Gbps未定6.57型
1080×2340
4800万
未定
未定
未定
Snapdragon
765 5G
未定未定
●本体サイズ/幅77㎜×高さ164㎜×奥行き9㎜〈暫定〉
●本体重量/185g〈暫定〉

※価格は記事作成時のものです。

■解説/石野純也( ジャーナリスト)

This article is a sponsored article by
''.